NHK紅白歌合戦で乃木坂、欅坂、日向坂、そしてウッチャンも!シンクロニシティ共演は成功するのか?!

紅白歌合戦

令和最初の「NHK紅白歌合戦」が12月31日午後7時15分から放送されます。

ビートたけしの紅白歌合戦初出場など、様々な話題がありますが、最も注目されたニュースはこれです。

何と乃木坂46の「シンクロニシティ」を欅坂46、日向坂46、そして総合司会のウッチャンが加わって披露するというのです。

この発表に乃木坂46ファンを中心に賛否両論の炎上事態に発展しています。

・乃木坂46の大事な曲なのになぜ合同なのか?

・この曲は生駒ちゃんの卒業ソングなので、乃木坂でけで歌って欲しい

・乃木坂アンダーの子たちは紅白に出れないってこと?

などと言った批判の声が挙がってきています。

一体、なぜ坂道グループが合同で乃木坂46の曲を披露する必要があるのでしょうか?そして成功するのか?

そこには、それぞれのグループの思いが詰まっていました。今回はこの一生に一度のシンクロニシティを考察します。

今年の紅白歌合戦は乃木坂46にとっては「変革」の時

過去のブログにも書いてきましたが、乃木坂46は生駒里奈、西野七瀬ら人気メンバーが次々と卒業しています。

そんな中、今の乃木坂46に求められるモノは「変化」です。

元来、乃木坂46はチーム力で人気を博してきました。

エースの白石麻衣や西野七瀬などの人気だけでなく、生田絵梨花など舞台で活躍する実力。そして、高山一実などのバラエティ力という総合力で戦ってきました。

センターの座を奪い合い、人気投票を行うAKB48と決定的に違うのが、「個」では無く「群」で表現していくという所です。

しかし、人気メンバーの卒業でそのバランスが崩れてきています。今年のレコード大賞で3連覇はなりませんでした。

3期性や4期生の台頭も始まっていますが、それよりも大きな「変革」が必要なのです。

坂道合同「シンクロンシティ」で乃木坂46は変わる

そこで考えられたのが、坂道グループ全体でのシャッフルにより「新しい景色」を見せる事です。

今回の紅白歌合戦や同じNHKで放送された「坂道テレビ」はその一環と考えられます。

ですので、今回の「シンクロニシティ」は題名と同様に「乃木坂46と他の坂道グループのシンクロニシティ」になると考えられます。

今年の紅白歌合戦は日向坂46にとっては「大チャンス」

そして今年の紅白歌合戦にデビュー年に初出場となった日向坂46です。

披露するのはデビュー曲の「キュン」

今の日向坂46を表す勢いのあるナンバーです。

乃木坂46、欅坂46との共演はピンチでチャンス

そんな日向坂46にとって、乃木坂46、欅坂46との共演は、自分達の実力の無さが露呈するピンチです。

現に、今回の「シンクロにシティ」での共演で批判されるのは、日向坂46が多いです。

流石にデビューしたての中で、実力者ぞろいの他のグループと対抗するのは難しいです。

しかし、これはチャンスでもあります。

日向坂46と聞いても、一般層はだれがメンバーなのかもあまり分かりません。

その為、日本人が最もテレビを見る大晦日では、日向坂46に出番ではチャンネルを変えてしまう可能性があります。

そこで、乃木坂46らと共演する事で、一般層へのアピールが出来ると考えられます。

今年の紅白歌合戦は欅坂46にとっては「リベンジ」

そして欅坂46は今年は平手友梨奈が2年ぶりに出場!

2年前の紅白では、この「不協和音」を総合司会のウッチャンと披露した際に、平手友梨奈らメンバーが過呼吸で倒れる騒動に発展しました。

欅坂46 平手友梨奈 ウッチャン

欅坂46 平手友梨奈 ウッチャン

2年前の雪辱を果たすために、今年の紅白歌合戦ではあの「不協和音」を披露します。

 

この2年間でメンバーの卒業や2期生の加入など、変化してきた欅坂46にとって、今回の紅白歌合戦はあの日の汚名を晴らす絶好の機会です。

乃木坂46、ウッチャンとの共演は欅坂46の真骨頂がでる!

そして、乃木坂46の「シンクロニシティ」で乃木坂46、ウッチャン、日向坂46と共演をはたします。

日向坂46はかつて「けやき坂46」として共に活動していた妹分にあたるので、共演に懐かしさを感じるでしょう。

そして、2年ぶりのウッチャンや乃木坂46との共演では、新たな欅坂46の一面が見えるはずです。

それは、欅坂46の攻める姿勢です。

そのダンスの切れや攻撃的な動きは今までのアイドルのイメージを凌駕している欅坂46は他の坂道グループに対して一番、対抗意識を持っているのではないでしょうか。

ウッチャンがいる事で、ギクシャクはしないと思いますが、下手したら欅坂46のメンバーの方が乃木坂46よりも目立ってしまう可能性があります。

シンクロニシティのフォーメーションはどうなる?

そして最も気になるのが「シンクロにシティ」のフォーメーションです。

実際の乃木坂46のフォーメーションはコチラです。

シンクロニシティ フォーメーション

シンクロニシティ フォーメーション

この中で既に卒業しているのは、西野七瀬、生駒里奈、桜井玲香、衛藤美彩、若月佑美の5名です。

基本的には、乃木坂46が中心となって披露する為、3期生や4期生が入ってくると思いますが、ここで大きな予想をしたいと思います。

それは、このフォーメーションに欅坂46、日向坂46のメンバーが加わるという事です。

一体だれが加わるのか?それは、過去のブログでも取り上げましたが、アイドルの継承が関わってきます。

西野七瀬のポジションに入るのは日向坂46の小坂菜緒

西野七瀬がいた、1列目のセンター隣には、日向坂46の小坂菜緒が入ると予想します。

これは、小坂菜緒は西野七瀬に憧れてアイドルになった経緯もさることながら、(ブログでもその愛を伝えています)二人に共通する「今を変える」という意思が見える事です。

このCMに見て取れる様に彼女はアイドルとしての活動で何かを変えようともがいています。

そのもがく姿がアイドルとして一番美しいと思います。

西野七瀬のポジションに小坂菜緒がふさわしいと考えます。

生駒里奈のポジションには、欅坂46の平手友梨奈

これは正直いって、難しいと考えています。

そもそも「不協和音」を披露した後の平手友梨奈に「シンクロニシティ」を披露する体力が残っているかが疑問です。

しかし、ここで「シンクロニシティ」に参加するのであれば、平手友梨奈にふさわしい場所はかつて生駒里奈がいたフォーメーションの中心であると考えます。

二人とも、グループ結成当時からセンターを務め、その重圧と闘ってきました。

欅坂46のデビュー時には、生駒里奈はことさらに平手友梨奈を可愛がっていました。

平手友梨奈 生駒里奈

平手友梨奈 生駒里奈

ここで、平手友梨奈が生駒里奈のポジションに入ったらと思うと、すでに泣きそうです。

かなり無理がある予想ですが、一ファンの願望として、実現してほしいです。

そして、齋藤飛鳥との共演が実現する事を願います。

齋藤飛鳥 平手友梨奈

齋藤飛鳥 平手友梨奈

センターには白石麻衣ではなく、齋藤飛鳥

何故、平手友梨奈と齋藤飛鳥の共演が見たいかと言うと、そこに「坂道グループの未来が見えるからです」

二人は今までのアイドルとは違って、マイナスな面を隠す事がありません。

自分の葛藤や憤りを表現できるアイドルです。これは、今の空気を読む日本社会において、マイノリティに当たりますが、憧れでもあります。

日向坂46の小坂菜緒の葛藤もこの部類に入ります。

その為、この「シンクロニシティ」のセンターは白石麻衣ですが、このNHK紅白歌合戦の時だけ、白石麻衣に変わって齋藤飛鳥がセンターに入る可能性があります。

白石麻衣も齋藤飛鳥だったらと納得出来るはずです。そのくらい二人には信頼関係があります。

ここで、エースが交代する事で、白石麻衣が乃木坂46を卒業という道を選ぶことも出来るのではないでしょうか?

白石麻衣と齋藤飛鳥

白石麻衣と齋藤飛鳥

まとめ:このシンクロ二シティは一生に一度

以上の事から、紅白歌合戦の乃木坂46の「シンクロニシティ」にはフォーメーションに欅坂46の平手友梨奈と日向坂46の小坂菜緒が加わる事が予想されます。

さらにフォーメーションとは別にウッチャンが参加します。

この考察があっているにせよ間違っているにせよ、今回の乃木坂46、欅坂46、日向坂46、ウッチャンが共演するのは一生に一度の事です。

必ず成功する事でしょう。そして、

大晦日のNHK紅白歌合戦は歴史に残る番組になるはずです!

これを坂道3グループとウッチャンがやると思うと、批判なんかしている場合じゃありませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です