小嶺麗奈は金八先生第4シーズンに出演!経歴が凄い!芸能界引退後は?

先日大麻所持容疑で逮捕された元KAT-TUNの田口淳之介容疑者と元女優小嶺麗奈容疑者の続報が入ってきました。

 

2人の供述が食い違っているとのことです。

小峰嶺麗奈容疑者は田口容疑者をかばうような供述をしているそうです。

一体どちらが本当なのでしょうか??

 

世間では田口容疑者に注目されがちですが、小峰容疑者はディスカバリー・ネクストを退所してから芸能活動を行っていなかったので謎に包まれた部分が多いですね。

 

今回は小峰麗奈容疑者を焦点にあててまとめていきます。

 

 

 

小峰麗奈容疑者の経歴

小峰麗奈容疑者の経歴をざっくりとまとめてみました。

 

  • 1980年7月19日生まれ
  • 身長160cm
  • 熊本県出身の女優。
  • 15歳で熊本から上京し、芸能事務所に所属。
  • 1995年「水の中の八月」で主演デビュー
  • 同年「3年B組金八先生」や「イグアナの娘」で美少女として注目を集める。
  • 1997年「いとしの未来ちゃん」でドラマ初主演。
  • 同年映画「ユメノ銀河」で出演。
  • その後「おそるべし!!!音無可憐さん」「可愛いいだけじゃだめかしら?」などの話題作に出演。
  • 2006年映画「初恋」でヌードシーンに挑戦。
  • 2012年「ボロレ」に出演以降、芸能活動から遠ざかる。
  • 病気により女優活動を休止。

1995~2006年あたりが全盛期といった感じですね。

第4シーズンの金八先生に出演しています。”広瀬美香”役で優等生でいじめっ子という難しい役を演じきっています。

出典@mai_1010co

 

 

当時の小嶺容疑者を知る関係者によると、昔からリーダーシップがあり、周囲をグイグイ引っ張るタイプだった。ドラマや映画などの現場では、10代にもかかわらず監督の指示に対して反抗するような意見をすることもあり、その気の強さがスタッフたちを驚かせたこともあったという。この関係者は「中学卒業してすぐ熊本から上京していたし、周りの同世代の子たちよりも芸歴が長いことが多かったし、彼女なりのプライドがあったのではないか」と分析した。

出典:日刊スポーツより

 

芸能活動を引退した後は何をしていたのでしょうか??

調べてみたところ、小峰容疑者とその母で一緒にヒーリング・サロンを経営していたそうです。

小嶺容疑者は中学1年生のときに芸能界デビューし、10年以上も芸能界に身を置いていたストレスから、体調を崩しがちになり、癒しを求めて、スピリチュアルな世界に傾倒していったそうです。

 

2012年頃には代官山にヒーリング・サロン『ELEMENTS OF FOUR SEASONS』をオープンし、スピリチュアル・カウンセリングなどを行っていたとのことです。

 

行っていた施術は「オーラソーマ」とヒーリング療法を取り入れたカウンセリング、100本以上あるカラフルなボトルの中から、好みのボトルを選び、そのボトルから、客の中の魂からのメッセージを読み取り、悩みを解決に導くそうです。

 

何だか少し怪しい感じがしますね。

 

しかし2015年の6月にヒーリングサロンは閉店、理由は当時、田口容疑者のファンがサロンに訪れることが多く田口容疑者への影響が出ることを心配し、ナーバスになって閉店したようです。

 

当時から2人の絆が強く結ばれているのが見て取れますね。

小嶺麗奈と田口淳之介の食い違う供述

 

 

今回の本題を見ていきましょう。

供述内容が2人の間で食い違っているそうです。

 

警察の調べに対し、田口容疑者は「大麻はふたりのものです」と供述しているのに対して小峰容疑者は「自分1人のものです」と供述しているのです。

 

田口容疑者をかばっているとも見てとれる供述ですね。

どちらが本当なのでしょうか…??

 

小峰容疑者は昔からまじめな性格だったようで、そのせいか自己犠牲精神も働いたようです。

 

似たような場面は10年前にもあり、2019年9月デイリースポーツの記事によると…
熱愛が報じられた2年後、2人がハワイへと極秘に旅立つ際、詰めかける報道陣に声を荒げたという小嶺容疑者。

小嶺容疑者「彼のファンはこんなの知りたがっていない…
彼の収入がなくなったらどうしてくれるんですか?私は仕事がなくなろうがいいんです…」と話していたそうです。

 

まじめだった小嶺容疑者、その反動からなのかいつからか夜遊びが激しくなっていったそうで、六本木のサパークラブに頻繁に出入りする姿を目撃されていたそうです。

 

小嶺容疑者の出入りしていた六本木のサパークラブは黒い噂も多かったようで「クスリと女が手に入る店」としてその悪名をとどろかせていたとのことです。

 

もしかするとここで薬物を手に入れていたのかもしれないですね。

警察もその線で慎重に捜査を進めているそうです。

 

特に来年は東京五輪もあるため、世界中から多くの外国人がやって来ます。捜査員たちは、『それまでに六本木を浄化しないと世界の恥さらしになるぞ!』と、上層部からハッパをかけられているそうです。

 

それにしても田口容疑者と小峰容疑者はどこで道を外れてしまったのでしょうか…非常に残念ですね。

まとめ

  • 小峰容疑者は田口容疑者をかばうような供述。
  • 小峰容疑者「大麻はすべて私一人のものです」
  • 大麻は六本木ルートで手に入れたの見方が強まる。

 

早く真相が解明されることを祈るばかりです。

 

そして2人にはしっかり罪を償って社会復帰して頂きたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です