鬼滅の刃最新194話ネタバレ考察『灼熱の傷』195話の展開予想も!

鬼滅の刃194話

鬼滅の刃194話は2020年2月17日発売のジャンプ12号で登場しました。

193話では炭治郎がヒノカミ神楽を12の型全てを繋げるところで終了!

赫刀も顕現させ、一気にたたみかけるというところで終了しましたね。

193話『困難の扉が開き始める』鬼舞辻無惨は9000年老いさせたのは誰?

鬼滅の刃194話のネタバレ考察、さっそく見ていきましょう!

 

鬼滅の刃194話ネタバレ

194話キーワード

  • 兪史郎と茶々丸
  • 伊黒と鏑丸
  • 無惨の弱点

 

あらすじ

兪史郎、村田、2人と行動を共にしていた隊員が、怪我人を治療するために走る。

兪史郎が、バラバラの体で苦しむ珠世の使い猫 茶々丸を見つける。茶々丸は生きていた。兪史郎が声をかけ、体を繋げる。兪史郎は「決戦直前に鬼にできた」と言う。驚く2人の隊員に対し、早く怪我人の手当てをするよう指示をする兪史郎。伊之助とカナヲに血清が行き渡る。

兪史郎が岩柱 悲鳴嶹 行冥の容態を確認し、手当てをする。未だ意識が戻らない悲鳴嶹。左脚を失った悲鳴嶹に対し、失血と平衡感覚の欠如により戦闘は不可能と判断。

夜明けまで残り50分以上を残し、鬼殺隊最強の悲鳴嶹が戦闘不能となり、亡き珠世に祈る兪史郎。笑顔の珠世を想い、涙を流しながら「炭治郎を守ってください 何とか守ってやってください お願いします」と願う。

後半は、炭治郎と無惨の戦闘が描かれる。炭治郎は、透き通る世界に入り、心臓と脳を正確に狙おうとするが、酸欠で視界が狭窄する。匂いで捉えようとするが、足が滑ってしまう。そんな炭治郎に、容赦なく無惨の攻撃が振るわれる。間一髪のところで蛇柱 伊黒 小芭内が現れ、炭治郎を守る。無惨は激昂した表情を浮かべ「死に損ないめ」と吐き捨てる。

視覚が回復した炭治郎が、伊黒を見ると、顔に大きな三本の傷があり、両眼が潰れてしまっていた。炭治郎が援護を申し出るが、必要ないと答える伊黒。元々右目が弱視で殆ど見えない、自分には鏑丸がついていると言う。そして、炭治郎が回復したことを確認し、二手に分かれる。

伊黒が生きていたことが分かり、激怒する無惨。鏑丸が伊黒の目となり、戦況を伝える。無惨は、手負いの伊黒を殺せないこと、蛇の鏑丸に攻撃を読まれていることに苛立ちを感じ、攻撃が破壊的になる。

突然、無惨の身体に古傷が浮かび上がる。耳飾りが鳴り、かつて縁壱がつけた傷だと気付く炭治郎。そしてその傷が無惨の弱点だと理解する。

 

見どころ

兪史郎の涙

兪史郎は、鬼殺隊最強の岩柱 悲鳴嶹 行冥が戦闘不能と判断。夜明けまでの残り50分以上で、悲鳴嶹が戦えないということは、鬼殺隊にとって大きな痛手となる。このままでは炭治郎も死んでしまうかもしれない。兪史郎は涙を流しながら「炭治郎を守ってください 何とか守ってやってください お願いします」と、亡き珠世に願う。

 

浅草で炭治郎と初めて会ったとき、「俺は言いましたよね?鬼狩りに関わるのはやめましょうと最初から」と言っていた兪史郎。そのときからは想像もできない兪史郎の熱い想いに感動。

 

兪史郎の協力がなければ、無限城から屋外に出ることはできなかったし、無惨の攻撃を受けた者は全員20分後には死んでいたはず。この最終決戦を通じて、鬼殺隊と兪史郎の絆が築かれていることは間違いないと思う。

蛇柱 伊黒 小芭内の再登場

酸欠で視界が狭窄し、足を滑らせる炭治郎。しかし、そんな炭治郎に無惨の攻撃が容赦なく振るわれる。間一髪のところで蛇柱 伊黒 小芭内が現れ、無惨の攻撃から炭治郎を守る。

 

伊黒は、191話での無惨の激しい攻撃で飛ばされて以来の再登場。柱や同期の中で1番最初の復活となった。

 

その後も炭治郎が回復するまで、炭治郎を抱えながら攻撃をかわしてくれる。

 

視覚が回復した炭治郎が伊黒を見ると、顔に大きな三本の傷があり、両眼が潰れてしまっていた。それでも蛇の鏑丸と協力しながら戦闘を続ける姿がかっこいい。

 

気になった点

無惨が死んだら兪史郎はどうなる?

鬼殺隊の当主 産屋敷 耀哉が無惨と対峙した際、「君が死ねば全ての鬼が滅ぶんだろう?」と問いかけると、図星のような表情をして空気を揺るがせた無惨。

 

兪史郎は、無惨ではなく珠世によって鬼になったため、例外なのだろうか。最終決戦直前に、珠世と兪史郎によって鬼となった茶々丸も同じく例外なのか。

 

禰豆子は人間に戻る薬を服用しているため、人間に戻ることができれば、無惨と共に滅ぶことはないと思う。

 

もし、兪史郎も人間戻りの薬を服用していたとしたらどうなるのだろう。人間だった頃、病気で余命が短かった兪史郎。人間戻りの薬で人間に戻ったとして、希望はあるのだろうか。

恋柱 甘露寺 蜜璃にも血清を

兪史郎、村田、2人と行動を共にしていた隊員が、怪我人の治療にあたる。村田が「血清打ってないの我妻と猪と栗花落さんの三人だよなあー!?」と発言するが、茶々丸によって血清を打たれたのは、水柱 冨岡 義勇、風柱 不死川 実弥、蛇柱 伊黒 小芭内、岩柱 悲鳴嶹 行冥の4名のみ。

 

その後、兪史郎が炭治郎に注射。茶々丸の登場前に、戦線離脱した恋柱 甘露寺 蜜璃は血清を打っていない。誰か気付いて血清を打ってあげて。

 

鬼滅の刃194話感想

兪史郎と蛇柱 伊黒 小芭内が活躍する回。伊黒は、仲間がピンチのときいつも助けに回る。

今回もだが、無限城で炭治郎が無惨と遭遇し、攻撃を受けて危機一髪の時も炭治郎を避難させた。また、恋柱 甘露寺 蜜璃が、新上弦の律 鳴女に攻撃を仕掛け高所から落とされてしまった時や、無惨の吸引の攻撃を受けた時も救援にあたった。「信用しない」と言い、口は悪いが、本当は仲間思いで優しい人なのだと思う。

炭治郎に「回復したな?放すぞ」と言い、回復するまで抱えてくれていた上で、一声かけところにも優しさも感じた。

伊黒 小芭内と蛇の鏑丸の信頼関係に感動。座敷牢に迷い込んできた鏑丸は、伊黒にとって唯一信用できる生き物で、友達。鏑丸も一緒に鍛錬をしてきたのではないかと思うほど強い。右目が弱視の伊黒さんをずっと支えてきたのかもしれない。戦闘モード鏑丸の「シャー」が可愛い。どうか伊黒さんも鏑丸も無事でいてほしい。

 

鬼滅の刃195話予想

伊黒小芭内の活躍

透き通る世界に入り、赫刀を顕現した伊黒。

無惨を倒すためのこの二つの条件を満たしているのは、戦闘不能の悲鳴嶹を除けば炭治郎と伊黒だけ。

次回以降も、伊黒の活躍が見られることを期待。炭治郎と共闘する中で、炭治郎のことを認める発言をしてくれたら熱い展開だと思う。

しかし、伊黒が「無惨を倒して死にたい、死んで汚い血を入れ替えたい」などと考えていたことからも、死んでしまいそうで危うい。生きて無惨を倒し、恋柱 甘露寺 密璃と幸せになってほしい。

治療を受けたメンバーの復活

左脚を失った岩柱 悲鳴嶹 行冥、右腕を失った水柱 冨岡 義勇は、両眼を失った蛇柱 伊黒 小芭内が戦線復帰したように、戦いに戻ってこられるのか。

また、風柱 不死川 実弥、善逸、伊之助は怪我の程度がまだ分からないが、この3人は兪史郎の目隠しの札をつけていたため、まだ軽傷なのではないかと思う。

不死川 実弥が、札をつけた者同士は姿が見えると言っていたので、その伏線を回収し、3人で活躍してほしい。途中で避難した恋柱 甘露寺 蜜璃と栗花落 カナヲはさらに軽傷のはず。参戦に期待。

 

まとめ

194話では伊黒小芭内と兪史郎が活躍する回でしたね。

特に伊黒さんと鏑丸の信頼関係の強さを改めて見せつけられました。

しかも伊黒さんのオッドアイが弱視だったということも驚きでしたね。

他の柱や同期組の状況や禰豆子がいつ到着するのか気になりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です