鬼滅の刃最新192話ネタバレ考察『廻る縁』193話の展開も予想!

鬼滅の刃 192話ネタバレ

今回は鬼滅の刃192話のネタバレ考察です。その前に前回の振り返り。

191話のラストでは鬼舞辻無惨から「どちらが鬼かわからいな」と言われてしまった炭治郎。

しかし炭治郎は冷静でしたね。「もう終わりにしよう無惨」と何か今までと違う雰囲気を感じました。

191話の序盤では悲鳴嶋と伊黒が「透き通る世界」に入ったり、柱全員の日輪刀が赫刀化。

これはいけるかもしれないと思った直後に謎の一撃で柱、同期組は倒れていました。

そこに炭治郎が登場してという流れでしたね。

さっそく192話見ていきましょう。

鬼滅の刃192話ネタバレ

192話キーワード

  • 縁壱と炭吉
  • 13の型

あらすじ

前半は、炭治郎が死の際で見た記憶の遺伝が描かれる。

炭吉の妻すやこが、日の呼吸の型を見たいと頼むと、縁壱は実際にやってみせてくれる。炭吉はそれをつぶさに見て目に焼き付ける。

そして帰り際に、縁壱が炭吉に耳飾りを託す。炭吉は、耳飾りと日の呼吸を後世に伝えることを縁壱に約束した。

後半は、炭治郎と無惨の戦闘が描かれる。

記憶の遺伝で見た日の呼吸の型が12個であったこと、父が夜明けまでずっと神楽を舞っていたこと、同じ音の円舞と炎舞から、日の呼吸の12個の型を繰り返すことで13の型になると気づく炭治郎。

さらに、無惨が背中の九本の管と両腕に加え、それを上回る速度の八本の管を腿から出して攻撃していることに気づく。

覚悟を胸に心を燃やし、負傷しながらも12個の型を繋げ、13の型を実現させようと奮闘する炭治郎の姿が描かれている。

見どころ

縁壱と炭吉の絆

妻と子どもを鬼に殺され、兄を鬼にされ、無惨を取り逃がし、鬼殺隊を追放され、人生において為すべきことを何も為せなかったと言う縁壱。そんな縁壱の心を救う竈門家。

縁壱に命を救われた炭吉は、感謝と尊敬の気持ちを抱き、何とか縁壱の日の呼吸を後世に伝えたいと思い、日の呼吸の型を目に焼き付ける。

そして、帰り際に託された耳飾りと日の呼吸を後世に伝えることを約束。2人の間の絆と親愛の念が、代々竈門家にヒノカミ神楽と耳飾りを受け継がせたことに感動した。

日の呼吸13の型判明

記憶の遺伝で見た日の呼吸の型が12個であったこと、父が夜明けまでずっと神楽を舞っていたこと、同じ音の円舞と炎舞から、12個の型を繰り返すことで13の型になると気づく炭治郎。

そして実際に、12個の型を繋げようと奮闘する姿が描かれている。頑張れ、炭治郎。

気になった点

炭治郎は赫刀にならないのか

炎柱 煉獄 杏寿郎の「心を燃やせ」という言葉とともに、炭治郎の刀と鍔が描かれるが、刀の色は黒いまま。

やはり、炭治郎の力だけでは赫刀にすることはできないのか。

下弦の伍 累との戦い、上弦の陸 妓夫太郎・堕姫との戦い、上弦の律 半天狗との戦いのときは、すべて禰豆子の爆血で刀を赤くしていた。禰豆子の登場を待たないと赫刀が現れないのか。

万力の握力で赫刀にできるなら、炭治郎にもできそうなのに。

191話で、カナヲが伊之助に対して「柱と同じくらい腕力がないと無理」と言っていたけど、上弦の参 猗窩座との戦いの際、水柱冨岡 義勇に「今の炭治郎の実力は柱に届く」と思われていたので、赫刀顕現できそうなのになあ。

無惨の逃亡をどう阻止するか

縁壱と無惨が対峙した際、残りわずかというところで、無惨が千八百の肉片となって逃亡した。縁壱が千五百と少しを斬ったが、それでも逃してしまう。

もし最後、無惨がまた肉片に飛び散ったらどうするのか。

柱と同期組で全部斬るのか、それとも禰豆子の爆血で全て燃やすのか。でも無惨にも禰豆子にも人間に戻る薬が使われているしどうなるんだろう。

鬼滅の刃192話感想

縁壱と炭吉の2人の間の絆と親愛の念が、代々竈門家にヒノカミ神楽と耳飾りを受け継がせたことに感動した。

191話で柱や同期組がみんなやられてしまうほど本気を出してきた無惨。そんな無惨と渡り合う炭治郎、頑張れ。

12個の型を繰り返すことで13の型になると気づき、3つまで繋げることに成功。頑張れ、炭治郎。心を燃やせ。

鬼滅の刃193話予想

次回193話は、鬼滅の刃4周年なのでどんな展開になるのかとても楽しみ。

13の型実現なるか

192話で、12個ある型のうち3個まで繋げることに成功した炭治郎。

次回、12個の型全てを繋げて13の型を実現することはできるのか。

また、192話では、夜明けまで13の型を舞い続け、無惨の脳と心臓を斬り続ける必要性があると描かれていたが、その後どうなるのか。

禰豆子が駆けつけ、爆血刀を使って13の型を繰り出すことができたら、いくら無惨でもひとたまりもないんじゃないかな。

柱や同期たちは目覚めるのか

191話で無惨にやられてしまった柱と同期たち。戦闘不能とまではいっていないはず。

次回、目覚めるのか。さらに、恋柱 甘露寺 蜜璃とカナヲは安全なところに避難しているので、愈史郎の治療を受けられればまだまだ戦えると思う。193話で再登場するか楽しみ。

まとめ

次回4周年目を迎えて、鬼滅の刃193話は表紙&巻頭カラーで登場。

何か大きな動きがありそうな予感しかしません。

炭治郎は12の型をつなぎ13の型を発動できるのか?超楽しみです。

以上、鬼滅の刃192話のネタバレ考察をお届けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です