鬼滅の刃最新190話ネタバレ考察『ぞくぞくと』191話の展開も予想!

鬼滅の刃190話ネタバレ

週刊少年ジャンプに掲載されている人気漫画『鬼滅の刃』の190話のネタバレや考察、感想を書いた記事です。

無惨相手に劣勢を強いられている柱。このままでは全員がやられるのは時間の問題と誰もが思っていたと思います。

前話で意外な仲間が登場して戦局が変わるのではと思わせてくれました。

190話「ぞくぞくと」ではさらに意外な仲間が登場!夜明けまであと・・・

それでは、気になる『鬼滅の刃』190話のネタバレ・考察・感想など、是非読んでみてください。

鬼滅の刃190話

190話キーワード

  • カナヲ、伊之助、善逸の加勢
  • 不死川と富岡
  • 赫刀

あらすじ

珠世が作った薬によって、一時的に力を取り戻して、何とか無惨の攻撃をしのいでいる状態。

伊黒の痣と赫刀の出現により、再び無惨に立ち向かおうとするが万力の力で出現させたせいからか、体力が手元以外すべて奪われてしまっていた。身体が動かない状態のところを無惨に狙われる。

助けに入ろうとする富岡だが間に合わず…と思ったら伊黒は無惨の攻撃をかわし、空高く舞っていた、と同時に攻撃をくらった無惨の腕の切られ方が不自然なことからこの場に見えているもの以外の何物かが【いる】と無惨はすぐに気づく。見えない敵の気配を察知した無惨は気配のする場所に攻撃をする。

無惨の攻撃により目隠しの術はすぐにバレてしまい、カナヲ、伊之助、善逸が加勢に入ったことがわかった。珠代の血鬼術の目隠しのお札により姿を隠して潜入し伊黒を救っていた。

この加勢により形成が徐々に変わってくる。

そのとき、伊黒ははっと刀から手を離し、何とか生還します。

伊黒は赫くなった刀身で無惨を攻撃する。

赫くなった刀身で無惨を切ることで再生も遅くなることが分かった。

珠代の血鬼術の目隠しのお札で善逸、カナヲはまた隠れ無惨に攻撃する。

人数が増え伊黒が刀身を赫させ再生路遅らせたことによって余裕ができた悲鳴嶼も、武器同士を合わせ刀身を赫くさせ無惨に攻撃する。

不死川も刀身を赫くさせるため富岡に刀を受けるよう叫ぶ。焦る富岡。

不死川と富岡の刀も刀身を赫くさせ無惨と戦う。

柱全員が、それぞれの刀を赤熱させて、次回反撃がついに始まる。

夜明けまで1時間3分。

 

見どころ

鬼滅の刃190話見どころ

  • 善逸、伊之助、カナヲが戦いに参戦
  • 人が増え刀身を赫くさせ少しだが鬼殺隊に光が見え始める
  • 最後不死川と富岡が背中合わせになっている場面がとてもカッコイイ
  • 柱全員に赫刀の出現

気になった点

  • 善逸たちはいつから戦いに参戦していたのか
  • 柱達に実力が劣る三人がなぜ無惨の攻撃を避けられるのか
  • 珠世のお札をなぜ三人が持っているのか
  • 愈史郎は今どこにいるのか
  • 柱たちはあとどのくらい無惨の毒に耐えられるのか
  • 夜明けまでの1時間3分の3分の意味

 

鬼滅の刃190話感想

伊黒が刀身を赫くさせこれから反撃という時に失神して絶体絶命というのに肝が冷えました。

伊黒が死亡フラグが立っているという噂があったので身体が動かないという文字を見たときはまさかここで伊黒死ぬのか!?と思ったら宙に飛んでてびっくり。

無惨の腕も切られてて誰が切ったんだ?柱の人たちはそんな余裕ないだろうし…

そしたら切れ味の悪い刃物とあってここで善逸、伊之助、カナヲが出てくる展開はとても熱くなりました。

そして前回に引き続き珠代の活躍が凄まじく、血清に引き続き無惨にも有効な目隠しのお札も完成させていたということが改めて無惨討伐に対する強い思いを感じました。

少し余裕が出てきた柱たちも刀身を赫くさせ攻撃する展開よかったです。

一番熱かったのは、普段富岡を嫌っている不死川が富岡と刀身を合わせ赫くさせ、背中合わせになっているところは感無量です。

 

鬼滅の刃191話予想

無惨を夜明けまで足止めさせるのは無理ではないかと思ってましたが、刀身を赫くさせ鬼殺隊も少し有利になってきたかなって思います。赫刀で無惨を切る事により腕の再生を遅らせることが出来ることが今回でわかったので、次回はまず柱の総攻撃により無惨の腕が全て切断される状況になると予想します。

討伐まであと一歩のところで無惨はもうひと段階覚醒するのではないでしょうか。やはり炭治郎抜きで無惨を討伐するのはストーリー的にはないと思いますので、、。覚醒する際に誰か致命傷を負わされないか心配しています。

しかしあと一時間どうやって足止めさせるのか、そして炭治郎と禰豆子がこの戦いにどう関わっていくのかがとても楽しみです。

甘露寺も途中リタイアしてしまいましたが、復帰はできるのか、それともそのまま退場なのか今後の展開に期待です。

無惨の毒がまわっている柱たちは、愈史郎の猫と珠代の薬のおかげで何とか戦えてますが、その効力はいつまでもつのか、そこもどんな展開になっていくのか気になるところです。

大きな鍵になるのは禰豆子と愈史郎2人の鬼であると考えていますので、そろそろどちらか登場してもおかしくない展開だとも思っています。今回のラストで再び血清の効果が薄れてきたからか顔に毒が回ってきている様子が実弥冨岡から見られたので、まずは愈史郎の到着を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です