川俣勇人の顔画像やFacebook特定!宇都宮で飲酒運転事故!工藤達也さん正面衝突で死亡

今年5月6日未明に栃木県宇都宮市で起きた飲酒運転で死者が出た事故ですが、7月20日に飲酒運転をしていた川俣勇人容疑者が危険運転致死傷と酒気帯び運転などの疑いで逮捕されました。

 

この記事では

栃木県宇都宮で起きた飲酒事故の詳細

川俣勇人容疑者の顔画像やFacebook

川俣勇人容疑者の職業

ネット上の反応について調べました。

 

 

栃木県宇都宮で起きた飲酒事故の詳細

今年5月、パトカーから逃げた乗用車が、軽乗用車と衝突し男性が死亡した事故で、男が逮捕された。

危険運転致死傷と酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、川俣勇人容疑者(22)。

警察によると、川俣容疑者は今年5月、栃木県宇都宮市で乗用車を運転中にパトカーに停止を求められたが、時速100キロ以上のスピードで逃走、対向車線にはみ出し会社員の工藤達也さん(46)が運転する軽乗用車に衝突し、工藤さんを死亡させた疑いが持たれている。

また、川俣容疑者と同乗していた男性も大ケガをした。

当時、川俣容疑者の呼気からは酒気帯び運転の基準値を超えるアルコールが検出され、警察は、川俣容疑者のケガの回復を待って、逮捕した。

川俣容疑者は容疑を認めているという。

出典:日本テレビ系

 

栃木県宇都宮市で起きた飲酒事故の要約
  • 事故が起きたのは今年5月6日の未明
  • 危険運転致死傷と酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは川俣勇人容疑者(22)
  • パトカーに停止を求められたが時速100キロ以上のスピードで逃走
  • 対向車線をはみ出し軽乗用車に衝突
  • 軽乗用車を運転していた工藤達也(46)さんは死亡
  • 警察は川俣勇人容疑者のケガの回復を待って逮捕

 

事故現場は

事故が起きたのは宇都宮市西原の国道4号線

見た感じは直線でゆるやかなカーブになってそうですね。

未明の事故ということもあり、車も多くなかったと思います。

飲酒している状況で時速100キロで走行すること自体信じられません。

どれだけ衝撃が大きかったのかは上の写真が物語っています。

 

 

川俣勇人容疑者の顔画像やFacebookは

顔がしっかりは見えませんが、報道された顔画像です。

 

プロフィール

氏名:川俣勇人容疑者(かわまた はやと)

年齢:22歳

住所:宇都宮市横田新町

職業:無職(事故当時は自営業)

 

Facebook

 

 

工藤達也さんのプロフィール

氏名:工藤達也(くどう たつや)さん

年齢:46歳

住所:宇都宮市茂原

職業:会社員

家族:妻と長男・長女

工藤さんは2人の子どもの将来のため不安定な自営業から市場での仕事に転職。未明に、仕事場に向かう中で起きた事故でした。

亡くなった工藤達也さんの奥さんがご主人が突然亡くなられたにも関わらず、飲酒運転を絶対にしないでください、夫の死を無駄にしないで下さい。いつの日かこういった悲惨な事故がなくなることを本当に心の底から願ってやみませんとコメントを寄せています。

 

 

ネット上の反応

被害者は46歳の会社員 家庭でも経済的に中心になって家族を守る為懸命に働いている。会社でも 勿論働き手の中心になり会社をそして部下を引っ張っていたであろう 人の命を 自分の飲酒運転という犯罪行為で奪う。同乗者も同罪である
被害者の家族の事を思うと 厳罰に処してほしい

 

普通に殺人事件でしょ。飲酒運転してる時点で過失ではないと思うが。

 

少しでも同じような不幸を減らす為には、
警察からの逃走中に起こした事故には10倍の刑罰が課せられるよう法改正できればと思う!

 

飲酒運転は殺意が有るって事にしたらいい。
逮捕内容は殺人にして欲しい。
隣の奴も殺人幇助で逮捕。
罪が軽過ぎる。
飲酒運転の罰金も増やそうよ

 

とりあえずは10年以上は出さないでほしいですね。何回も飲酒運転の事故記事を見てきましたが、刑罰が軽いから飲酒運転をする輩がいなくならないんだと思う。
飲酒運転どころか酒気帯びだけでも計画殺人と同じくらいの刑罰にしてはどうでしょうか?
アルコール摂取での運転なんて無差別のテロ行為と変わらない気がします。何処で誰にどんな被害を与えるか検討もつかないわけですから。

 

これって殺人だろうが、車を介したら罪が軽くなる法律がそもそもおかしい!

出典:Yahooニュースコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です