織田信成モラハラ告発に疑惑のコーチが反論!人物像やその理由とは?

フィギアスケート元五輪代表で、テレビにも引っ張りだこの織田信成氏(32)が9月29日、自身のブログでモラハラ被害を告発しました。

 

織田さんのモラハラ発言を受けて、関西大学アイススケート部を巡る問題について”容疑者”とされるコーチの濱田美栄氏(59)が「週刊文春」の取材で反論したというのです。

 

今回はモラハラの内容や濱田美栄氏の主張や反論している内容についてまとめました。

 

 

織田信成が主張しているモラハラとは?

織田信成

織田信成氏は2017年4月に母校である関西大学のアイススケート部監督に就任しましたが、9月9日付で突如、退任しています。

 

その理由を織田氏は自身のブログで

 

「リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3か月間リンクに行くことができなくなった」

 

と発言したのです。

 

メディアにも頻出している織田さんのブログであれば世間への影響力も相当あると思います。

 

 

そんな織田氏が主張しているモラハラとはいったい何なのでしょう?

 

 

ことの始まりは

アイススケート部の監督に着任した織田信成氏が

 

関西大学のスケート部の学生の学業がおろそかになっていることを問題視

 

 

同大学の他のクラブの中にはインカレなどの試合出場に成績の基準を設けた部活があり、アイススケート部もそうした方がいいと主張したのです。

 

 

しかし、そこに立ちはだかったのが宮原知子さんや紀平梨花さんなどへの指導で知られる関大スケート部の女帝こと濱田美栄コーチだったのです。

 

濱田コーチの主張は

 

練習する時間がなくなる

 

と反論。

 

 

ついには織田さんが挨拶しても無視する事態にまで陥っているようです・・・

 

 

濱田美栄はショック!モラハラに反論

濱田美栄

濱田美栄氏は週刊文春の取材に応じています。

「勉強が大事という織田君の考えには賛同しています。ただペナルティありきではなく、勉強ありきが一番望ましいんじゃないかな。学生たちが不安に思って、私たちコーチに相談に来たこともありました」

 

ここで気になるのが織田さんの主張しているモラハラに対して濱田氏はどう思っているのでしょうか?

 

挨拶を無視したのか?

⇒「そんなこと全然ないですよ”挨拶し忘れたことはあったかもしれないけど」

 

報道では「多忙のため退任」と報じられたことに対し織田氏が「多忙が辞任の理由ではない」と発言言していることに対しては

⇒「いやいや、元々彼はリンクにいませんよ。今年からではなく初めから。解説者もやってタレントもやって、片手間で監督やるのは大変やと思います」

 

元々彼はリンクにいない!?

 

たしかにテレビでもよく目にしますもんね。

松岡修三さんと解説したり^^

 

タレント業と監督業を同時に行うこと自体無理があったのでしょうか・・・

 

参考:週刊文春

 

 

おわりに

織田氏の所属事務所は

織田が指導方法と部則の改定をしようとしていたこと、濱田コーチとの間に意見の相違があったことは事実です。ブログで掲載したモラハラ行為について、具体的な内容、その行為者についてお答えすることはできません。織田は芸能活動とリンクでの指導も両立させており、監督就任後は、休日返上で指導にあたってきました」

と答えています。

 

今後、大きな問題に発展しなければいいのですが・・・

 

それで関西大学のアイススケート部の学生にとばっちりを食らわないことを切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です