関門海峡花火大会2020穴場スポット門司側おすすめ4選!有料席情報も!

8月13日に行われる西日本最大級の花火大会といっても過言ではない関門海峡花火大会。

毎年多くの人出でにぎわいます。

その数なんと門司側と下関側合わせて110万人以上とも言われています。

 

今回は関門海峡花火大会門司側エリアの選りすぐりの穴場スポットを紹介します。

また門司会場の有料席情報についてもまとめましたので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

 

*現在は2019年の情報です。2020年の情報が公開され次第、更新していきます。

関門海峡花火大会の門司側穴場スポット情報

めかりパーキングエリア

高速道路のPA(パーキングエリア)です。

門司側と下関側両方から上がる花火が見られる大人気スポットです。

TV局のカメラも設置されるほどの絶景スポットなのですが、有名になりすぎて駐車場が満車になるのも早いので、狙う方は午前中から行動することをおすすめします。

満車になるとPAに入れなくなる可能性が高いので注意しましょう。

 

ノーフォーク広場

打上場所からは離れてしまいますが、門司側と下関側の花火が同時にみれる穴場のスポットです。

 

風師山の展望広場

風師山の展望広場は地元の人の穴場スポット!

関門海峡を上から一望できるので、花火が綺麗に見れます。

 

片上海岸

下関市の夜景と花火を見ることができます。

門司港付近の混雑を避けるにはおすすめです。

 

 

関門海峡花火大会の門司側有料席情報

関門海峡花火大会には有料席が設けられています。

西日本最大級と言われる規模の花火大会なので、有料席で大迫力の花火を観賞してみてはいかがでしょう。

中には指定席も用意されており、時間を気にせず、会場入りすることができます。

早速門司側に用意されている有料席について見てみましょう。

 

一般協賛金(椅子席)

一口5,000円

一口につき椅子席1席提供

新聞の全面広告に名前を掲載

 

特別協賛金


出典:門司まちづくり21世紀の会 

桟敷席で本格的な音楽花火を楽しむことができます。

もちろん目の前から打ち上げられ真上に花火があがるので、その迫力は見た人でないと語れないでしょう^^

 

大迫力の花火を見れる桟敷席は全部で5種類あります。

  • SS席:5名 30,000円
  • S席:5名 25,000円
  • 中央席:5名 17,000円
  • 8人席:8名 18,000円
  • その他:5名 14,000円

 

となっていて、配置についえは上の見取り図で確認してください。

SS席とS席が最前列、悶絶級ですね。

 

桟敷席のシートは


出典:門司まちづくり21世紀の会 

このようになっています。

厚みのあるボードが準備されています。

 

花火が上がる海上がすぐそこです。

 

席は指定席になっていて、協賛の申し込み順で打上場所に近いところから振り分けられます

 

指定席といっても、19:00までには会場に到着しておかないと、席まで到着できない可能性があります。それだけ人が多いのです。

18:30までには門司港駅に到着していることが目安になります。

 

椅子やパラソルは後ろの人の迷惑になるため使用できないのでご注意ください。

 

椅子協賛金


出典:門司まちづくり21世紀の会 

  • 4席協賛:4名 12,000円
  • 3席協賛:3名 10,000円
  • 2席協賛:2名   7,000円
  • 1席協賛:1名   4,000円

 

こちらは指定席ではないので、いい席をとりたい方は早めのスタンバイを!

 

椅子協賛金のエリアはこのような感じです。


出典:門司まちづくり21世紀の会 

椅子が配置しているので空いているところをゲットしましょう。

 

環境整備協力席


出典:門司まちづくり21世紀の会

この席は花火大会当日に協賛した方用のエリアになります。

こちらは1人1,000円となっています。

しかも大人同伴の子ども(小学生以下)が無料になるのはうれしいですね。

エリア内は自由に観覧できるので、少しでも前の方で見たい方は早めの会場入りが必要となります。

 

椅子や敷物は準備されていないので、各自持ち込みが必要です。

ここでも他者への迷惑になる椅子やパラソルは持ち込めません。

 

 

おわりに

今回は関門海峡花火大会門司側の穴場スポットと花火会場の有料席につていまとめてみました。

西日本最大級の花火大会で、門司側の人出は75万人とも言われています。

 

お金はかけたくないけどいい場所でみたいという方は早めの行動で今回紹介した穴場スポットから花火を楽しんでみてはいかがでしょう^^

 

お金をかけていい席で時間を有効に使いたいという方は事前に席をとっておくことで、ゆっくり花火を観賞できるでしょう^^

 

 

花火大会の楽しみ方は人それぞれ。

家族連れ、カップル、夫婦、一人で、ペットと一緒になどあなたの事情に応じた場所で夏の夜空に打ち上がる花火を楽しみましょう!

 

 

関門海峡花火大会2020日程は?駐車場と交通規制やアクセス方法を調査! 関門海峡花火大会2020穴場スポット下関側おすすめ5選!有料席情報も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です