仮面ライダーゼロワン18話ネタバレ感想!人類を導く者とは?

仮面ライダーゼロワン18話

年明け2発目。今回もヒューマギア対人間の1回戦の生け花対決の後編の18話。前回の話の展開から気になる点がいくつか出てきました。

私が気になったのは

  • フードの人物の正体は誰?
  • 滅を復活させたのは誰?
  • サクヨが蓮太郎を非難した理由
  • 「心が壊れてしまったようですね」と発言した声の主

今回の話でその答えが出てくるのかも楽しみです。

また前回はイズの神ギャグも飛び出しましたが、果たして今回はどうだったのでしょうか?

それでは第18話見ていきましょう!

仮面ライダーゼロワン第18話あらすじと画像ネタバレ

仮面ライダーゼロワン第18話見どころ

仮面ライダーゼロワン第18話見どころ

  • 不破VS唯阿、不破VS天津のバトル
  • 生花対決相手の立花家元がレイドライザーを装着して暴走
  • 仮面ライダーサウザー圧巻の戦闘シーン
  • 一輪サクヨによって立花家元が救われるシーン
  • 謎の人物の登場

第18話あらすじと画像

仮面ライダーゼロワン第18話

修復が完了した花屋型ヒューマギア・サクヨ(村上穂乃佳)の証言とデータから、蓮太郎(兼松若人)の悪意ある助言でサクヨが生け花勝負に敗れていたことがわかった。

仮面ライダーゼロワン18話

或人(高橋文哉)とイズ(鶴嶋乃愛)は蓮太郎に抗議。不正を認めた蓮太郎に、ザイアの垓(桜木那智)も怒りとともに勝負のやり直しを決断する。

仮面ライダーゼロワン第18話

 

>>天津垓は45歳!永遠の24歳の理由を考察

 

企業イメージを大切にする垓は、かつて或人の祖父・是之助(西岡德馬)と共同プロジェクトに携わっていたという。

垓は是之助の才能を認めていたが、人工知能は共存すべきものではなく人類の進化に利用すべき、と主張し是之助と対立したらしい。

仮面ライダーゼロワン18話

仮面ライダーゼロワン第18話

エイムズの諫(岡田龍太郎)は、滅(砂川脩弥)を再起動させたのは唯阿(井桁弘恵)ではないか、と詰め寄る。二人はバルカン、バルキリーに変身し激突するが、

仮面ライダーゼロワン第18話

割って入った垓はサウザーに変身。

仮面ライダーゼロワン第18話

仮面ライダーゼロワン18話

バルカンを圧倒し唯阿と共に去って行く。

仮面ライダーゼロワン第18話

サクヨとの勝負に負けるわけにはいかない…。プレッシャーに押しつぶされそうになる蓮太郎の前に、フードを被った謎の人物が現れると、蓮太郎にレイドライザーを装着。

仮面ライダーゼロワン18話

クラッシングバッファロープログライズキーを手渡す。

 

>>衝撃!謎のフードの人物の正体はズバリこいつだ!

 

仮面ライダーゼロワン18話

生け花対決再戦当日。意識朦朧となった蓮太郎は、或人やサクヨらの前でクラッシングバッファローレイダーに変身してしまう。人間が暴走!? がく然とする或人だったが、

仮面ライダーゼロワン18話

仮面ライダーゼロワン第18話

垓はサウザーに変身。バッファローレイダーと激しく交戦する。

仮面ライダーゼロワン第18話

仮面ライダーゼロワン18話

仮面ライダーゼロワン18話

バッファローレイダーを倒せば蓮太郎の命も危うい。或人もゼロワンに変身し、サウザーを懸命に止めようとするが、サウザーはゼロワンを圧倒するとバッファローレイダーを撃破。

仮面ライダーゼロワン第18話

仮面ライダーゼロワン第18話

仮面ライダーゼロワン第18話

仮面ライダーゼロワン18話

変身を解除させる。

仮面ライダーゼロワン第18話

幸い元の人格を取り戻した蓮太郎は、或人からサクヨが蓮太郎の立花流をラーニングし生け花の真髄を学んだと告げられ、改めて正々堂々と勝負をすることに。

仮面ライダーゼロワン18話

サクヨと蓮太郎、共に力を出し切った勝負は蓮太郎が勝利。

勝負には敗れた或人だったが、ヒューマギアが人に心を教えることもできる、という新たな可能性を見出し、満面の笑みで健闘を称え合うサクヨと蓮太郎を見つめる。

仮面ライダーゼロワン第18話

そのころ諫は滅に蓮太郎がバッファローレイダーに変身した事件を報告していた。

「人間が暴走した?なるほどレイドライザーを使ったか」

滅の言うレイドライザーとは何なのか? 滅の仲間がまだいるというのか?諫は目に見えない敵の影に警戒を強め…。

仮面ライダー第18話の疑問点

  • レイドライザーを手渡す黒フードの謎の人物「人類を導く者」の正体
  • 滅がレイドライザーの存在を知っていること
  • 本当に天津はレイドライザーを知らなかったのか?
  • 飛電是之助と天津が参加した12年前の共同プロジェクトとはどんなものだったのか?
  • 若いままの姿の天津は普通の人間なのか?
  • 仮面ライダーサウザーの強さと互角にやり合えるライダーは現れるのか?

仮面ライダーゼロワン第18話感想

おそらく迅は天津によって修復され、再起動したのだと推測する。
レイドライザーも天津が作ったものであり、天津の命令で誰か(初登場で詳細不明)が人間(立花家元)に渡したのではないか。

しかし、何のためにレイドライザーを人間に使わせたのかは不明である。

飛電是之助と天津が参加した12年前の共同プロジェクトとはどんなものだったのかも気になるし、若いままの姿の天津は普通の人間なのか?
なんかしらの肉体改造はしてると推測。

今回は立花家元と一輪サクヨのシーンでほっこりしたが、全体的に或人はあまり活躍せず、子供目線でいくと難しく、飽きてしまうような回だったと思う。

今回でお仕事一番勝負の第1試合の生け花対決が終わりました。対決には負けましたが、AIであるサクヨと人間の立花蓮太郎との邂逅があり、試合に負けて勝負に勝ったようなそんなお話だったように思います。これからの対決もどんなものになるのか楽しみにしてます。

 

とりあえず、ZAIAの社長が45歳であるという事実がどうにも納得できません。データは簡単に書き換えることができることができるものです。なので、この45歳というのも書き換えられたもので、何か裏があるように感じてなりません。そこのところにも注目していきたいと思います。

今回の生け花対決再戦において、ヒューマギア・一輪サクヨはザイア側の立花の不正行為を記憶していると同時に、生け花に対する姿勢、人の心を映し出すという教えを守っているところは、人間より人間味があると思いました。

今回より、ライダーに襲い掛かる敵は、レイドライザーを装着させられた人間であるため、ハラハラする戦闘シーンでした。

前回と同様に、天津埃が変身する仮面ライダーサウザーが、ゼロワンを圧倒し続けたり、暴走した立花を倒したりするなど、桁違いの強さには迫力を感じました。

最終的に暴走した立花は正気を取り戻し、無事に生け花対決再戦を迎え、負けたとはいえ或人とサクヨは、ヒューマギアの可能性に手応え感じるなど素晴らしい結末でした。

仮面ライダーサウザーが予想以上に強くて驚きました。仮面ライダーバルカンウルフフォームでもコテンパンにされてしまったということは、今のところはどのライダーでもかないそうにありません。今後はゼロワンかバルカンが新たな変身フォームで互角以上の戦いをすると予想します。

 

また、謎の人物の登場も気になりました。謎の人物「人類を導く者」の正体は新たなテロリストであり、仮面ライダーなのではないかと予想します。

 

滅亡迅雷.netに多少の影響は受けながらもまったく独立した集団ではないかと考えます。ザイアとも繋がりはなく独自に動いていると予想しました。

仮面ライダーゼロワン最新情報

仮面ライダーゼロワン18話

スーパーライブ

仮面ライダーゼロワン第19話予告動画、見どころや楽しみ

仮面ライダーゼロワン第19話見どころ

次回は、飛電対ザイアのお仕事対決第2戦・住宅販売の展開が見どころです。

ザイア側は不動産会社のトップ営業マン・新屋敷を送り出し、対する飛電は小さな不動産会社で笑顔で接客するヒューマギア・住田スマイルを指名するあたりから、天津埃と飛電或人、それぞれの選手選抜の基準やポイントが対照的なのも面白いです。

一方、再生した滅から、人間を暴走させる「レイドライザー」の存在を知った諫ですが、レイドライザーとはどんな恐ろしさを秘めているのか、これが作られた経緯なども見えてくるかもしれないという期待もあります。

そして、戦闘シーンはヒューマギアと人間、どちらが暴走してゼロワンたちに襲い掛かるかなど、気になる要素が満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です