仮面ライダーゼロワンネタバレ第8話!迅も滅もヒューマギアだった・・・

仮面ライダーゼロワンも第8話目が終わりました。

今までにお笑い芸人、警備員、声優など色々な職業に従事するヒューマギアが登場してたゼロワンですが、今回は最もヒューマギアが適していると思われる医療業界型ヒューマギアが登場しました!

このような未来がそう遠くない時代に現実化するのではないかと思っちゃいますね。

見落としやミスは激減して、医療ミスや医療訴訟と言われる問題も減るのかもしれません。

 

今回のタイトル『ココからが滅びの始まり』

滅亡迅雷ネットが動き出し、話が急展開した内容となっています。

それではどうぞ!!

 

仮面ライダーゼロワン第8話ストーリーと見どころ

仮面ライダーゼロワン第8話相関図

第8話の見どころ

  • ヒューマギア開発は人工知能を医療に役立てることが発端だった!
  • 謎の男登場
  • AIMSはロボットを作っていた!?
  • 滅と迅はヒューマギアだった!?
  • ついに滅が仮面ライダーに変身!
  • 暗殺ちゃんは復活していた!?
  • パンチングコング対スティングスコーピオン

 

看護師型ヒューマギア・白衣の天使ましろちゃん(大後寿々花)の笑顔に癒されつつ、或人(高橋文哉)は、国立医電病院で定期健康診断を。

 

仮面ライダーゼロワン8話

見た目は女性看護師ですけど、ヒューマギアなので力は十分!!

そこへ同じく健康診断でやってきた不破(岡田龍太郎)は、医師型ヒューマギアに不快感を露わにすると、ヒューマギアが自我を持つことへの危機感を訴える。

仮面ライダーゼロワン第8話

 

一方、唯阿(井桁弘恵)は、新たに開発された自立駆動型ヒューマギア統率兵器ギーガーの実戦配備に備えたテストを行おうとしていた。

 

しかし、そこへ迅(中川大輔)と、滅(砂川脩弥)から唯阿を狙えという指令を受けた暗殺ヒューマギア(松村龍之介)が現れた。

暗殺ヒューマギアはドードーマギアに変身、唯阿もバルキリーに変身し迎え撃つ!

しかし、その間に迅はゼツメライザーを手にギーガーに接近、滅はエイムズの開発室から新たな武器を奪う。

 

仮面ライダーゼロワン第8話

バルキリーはドードーマギアとライダー迅に苦戦、ライダー迅は強烈な一撃を放つと、滅と去っていく。

滅亡迅雷.netが人間を襲う理由は「アークの意志」と言うが、その意味とは?

 

ましろちゃんに自我が芽生えた?不審を抱いた或人は、イズ(鶴嶋乃愛)に分析させるが異常はないという。

 

仮面ライダーゼロワン第8話

ただし、シンギュラリティに到達すれば、ヒューマギアに心が生まれる可能性もあるらしい。

そんな会話を耳にした唯阿と不破は、ましろちゃんを危険視。

不破は銃を構えるが、或人は必死にましろちゃんを庇う。

仮面ライダーゼロワン第8話

 

その時、ギーガーをハッキング、暴走させた滅亡迅雷.netが国立医電病院を襲った。

駆けつけた或人、不破、唯阿に向かって、滅と迅は自分たちがヒューマギアであることを見せつけると、アークがこの星のあらゆる生物種の中で人類が最も絶滅すべき種であると判断したという。

 

そしてギーガーを使い、ましろちゃんや医療ヒューマギアをハッキング、暴走させてしまう。

或人、不破、唯阿はゼロワン、バルカン、バルキリーに変身。

ゼロワンは滅の命令で襲いかかってくるドードーマギアを迎え撃ち、イズのサポートを受け撃破する。

仮面ライダーゼロワン第8話

一方、バルカンは暴走するトリロバイトマギアを撃破、バルキリーはライダー迅と戦う。

そんな戦いを前に滅は仮面ライダー滅に変身。

仮面ライダーゼロワン第8話

その姿を見たバルカンはデイブレイクの首謀者がライダー滅だったことを確認し、逆上してしまう。

「お前らだけは許さない、12年前、俺の人生を狂わせた!」

仮面ライダーゼロワン第8話

常軌を逸したように攻撃するバルカンだったが、ライダー滅は強力な武器で圧倒。

仮面ライダーゼロワン第8話

ライダーキックでバルカンを強制変身解除へと追い込む。

変身を解除し、意識を失った不破は…!?

 

ゼロワン第8話イズちゃんの見どころ

ゼロワン8話番外編

その他情報

仮面ライダーゼロワン第8話感想

面ライダーゼロワン第8話考察

 

仮面ライダーゼロワン第9話予告『ソノ生命、預かります』

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です