仮面ライダーゼロワン第5話『カレの情熱まんが道』ネタバレ・感想!

バスガイド型ヒューマギアのアンナがまさかのマギア化されたことに衝撃を受けました・・・

それでも最後まで自分の仕事を全うする姿に胸を打たれた仮面ライダーゼロワンの第4話が終わりました。

 

第4話ではデイブレイクタウンで起きた事故について触れていました。

そこで明らかにされたのは滅亡迅雷ネットがヒューマギアをマギア化させ、人類を滅亡させることを防ぐために、工場を爆発させて守ったということでした。

 

第4話では人間とヒューマギアの仕事を全うする姿が描かれていました。

仮面ライダーゼロワンネタバレ・感想!第4話「バスガイドは見た!アンナ真実」

 

 

第1話~4話までは高橋悠也さんが手がけていたようですね。

第5話からは筧昌也さんが一旦受け取るようです。

 

第3話からは仕事編ということで、仕事の面で切り取るという意味もあり、様々な脚本家に書いてもらった方が一つの仕事の見栄えが際立つはずということなのです。

 

第5話からは、また一味違ったゼロワンが楽しめるかもしれませんね^^

 

 

仮面ライダーゼロワン第5話「カレの情熱まんが道」

大人気漫画家である石墨超一郎(いしずみ・ちょういちろう)の自宅兼アトリエを訪れた或人とイズ。社長直々に、新しい漫画家アシスタントヒューマギアをお届けするというのだが、実は或人自身が石墨の大ファンだった。大好きな漫画『パフューマン剣(つるぎ)』を描いた憧れの漫画家との対面をついに果たした或人だったが、石墨はもはや自分自身で漫画を描いておらず―――。

 

 

第5話あらすじ予想

或人(高橋文哉)は、イズ(鶴嶋乃愛)を連れて大人気漫画家・石墨超一郎(勝矢)のアトリエへ。

 

子供のころから石墨作品を愛読している或人は石墨との対面に大興奮だったが、

 

森筆ジーペン(徳角浩太郎)らアシスタントのヒューマギアを道具のように扱う石墨に失望してしまう。

 

何やら石墨超一郎が興奮しているのをイズが止めに入っています。

この無表情いいですね^^

 

迅の無邪気な笑顔に対して滅の不敵な笑み

 

そんなジーペンに滅亡迅雷.netの迅(中川大輔)が接近。

或人の目の前でジーペンにゼツメライズキーを装着させて…!

 

バイティングシャーク登場!!

 

パンチングコング&フライングファルコン登場からの

 

なんじゃこりゃ!

かっこよすぎ!!

その名もフレイミングタイガー!!!

 

第5話ネタバレ

或人(高橋文哉)イズ(鶴嶋乃愛)は、人気漫画家・石墨(勝矢)の事務所へ漫画家アシスタント型ヒューマギアの納品へ向かっています。

幼いころから石墨の作品を読んで成長した或人はウキウキだったでしたが、今の石墨は作画はもちろんストーリーもヒューマギアに任せっきり。

おまけに奴隷のように乱暴にヒューマギアを扱う石墨を見て失望する或人。

ジーペンが自我に芽生えるきっかけは、黒墨の仲間のヒューマギアに対する手ひどい扱いを目にした時でした。

 

そんな石墨のアシスタントヒューマギアの一人、ジーペン(徳角浩太郎)迅(中川大輔)が接近。

ジーペンはビカリアマギアに変身してしまいます。

 

或人はゼロワンに変身して戦いますが、ビカリアマギアの硬い貝の頭部に攻撃を封じられ大苦戦。

さらにビカリアマギアは他のアシスタントヒューマギアもマギア化させてしまいます。

そこへ合流した諫(岡田龍太郎)がバルカンに変身。

唯阿(井桁弘恵)がバルカンに新たな武器アタッシュショットガンをテストさせると、

その強力なパワーにビカリアマギアは逃走。

 

ビカリアマギアによってトリロバイトマギアとなったアシスタントヒューマギアを破壊され、石墨は怒り心頭。

代替え機を即座に持ってくるよう要求します。

しかし、或人はヒューマギア頼みで自ら絵を描こうとしない石墨に「それでお仕事が楽しいんですか?」と説教してしまい…。

 

ヒューマギアを乱暴に扱い、仕事のすべてを押し付ける石墨のやり方は間違っている。

或人は漫画を描く情熱をなくした石墨に代替え機を送ることを拒否し、福添(児嶋一哉)らと対立します。

イズも「情熱」の言葉の意味がわからず、或人の思いを理解できません・・・

 

 

改めて石墨を訪ねた或人は、怒りとともに代替え機を要求する石墨に「本当にそれでいいんですか?」と説得を試みます。

 

 

そこへイズが現れ、代替え機の発送を正式に中止したことを告げます。

驚く或人らにイズは自ら「情熱」を検索した際に、先代社長の是之助(西岡德馬)がヒューマギアは「情熱を持って仕事しているすべての人々を助ける」と言っていたことを明らかにします。

 

「情熱」を理解したイズに勇気づけられた或人は、自分が石墨の描く漫画を読んで大人になったと必死に説得。

しかし、石墨は自分に漫画を描く情熱がなくなったと本音を口にするのです。

 

そこへビカリアマギアが乱入、或人はゼロワンに変身します。

さらに合流したバルカンはパンチングコングでアタッシュショットガンを放ち、ビカリアマギアにダメージを与えます。

 

 

ゼロワンはイズから新たなプログライズキーを受け取り、フレイミングタイガーにチェンジ。

 

 

強烈な火炎噴射とともに必殺技「フレイミングインパクト」でビカリアマギアを撃破!!

 

 

ゼロワンの戦いを目の当たりにした石墨は、創作意欲を刺激され自ら漫画を描くことを再開。

 

ヒューマギアに背景を任せ、自らは新たなキャラクターを創作。

新たに石墨が購入したジーペンはベストにベレー帽を被り、石墨からとても大事にされている様子がうかがえます。

 

「新キャラができた」の言葉に、期待を抱えながらのぞき込む或人

しかし、そのモデルはゼロワンではなくバルカンで、或人はがっくり肩を落とすというオチがつきました^^

 

 

それから第5話のキモはこちら

このシーンがかわいすぎるとツイッターで盛り上がってました^^

 

 

そのころ滅亡迅雷.netでは滅(砂川脩弥)が、ゼロワンのプログライズキーを狙った迅を戒めていました。

そして、「自分は滅のなんなの?」と不平を言う迅に、滅は「おれの息子だ」と意外な事実を明らかにして…!

 

第5話ゲスト

 

 

仮面ライダーゼロワン第5話みんなの感想

 

 

仮面ライダーゼロワン第6話『アナタの声が聞きたい』予告

 

アニメ作品『パフューマン剣(つるぎ)』のアフレコに臨む声優ヒューマギア・香菜澤セイネ。その現場に或人の姿があった。『パフューマン剣』の大ファンだから……、ではなく今回はAIに関する犯罪を取り締まる機関A.I.M.S.(エイムズ)の立ち会いのためだった。どうやらセイネには人工知能の法律に関する違反があるようで―――。

 

次回は声優と女優の2本柱でがんばっている美山加恋さん&伊瀬茉莉也がゲストで登場!

どのような展開を見せるのか今から楽しみです。

 

 

 

おわりに

第4話とは対照的な話になりそうですね。

第4話では人間とヒューマギア仕事を全うする姿が映し出されていました。

 

第5話では漫画家が絵を描かなくなり、

「そんなのヒューマギアにさせとけばいいんだよ」

というセリフが流れていたことからも

人間が働かずにヒューマギアに働かせているという話なんだと思います。

 

仕事編ではこのように仕事に対する向き合い方について描かれていくのでしょうね。

 

今回のキーワードは

「情熱」

ですね^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です