仮面ライダーゼロワン第32話ネタバレ感想まとめ!アサルトウルフ亡始動!?

仮面ライダー01第32話

前回の31話では仮面ライダーゼロワンと迅の共闘が見られてカッコ良かったですね。

今回の32話の目玉は或人とイズがTGCに登場するというシーンではないでしょうか?

また新しいヒューマギアも登場するのでそこも楽しみですね。

31話ではヒューマギアだって夢を持っていいだ!ということが印象的でしたが、今回の32話ではヒューマギアのプライドに焦点を当てた展開になりそうですね。

 

 

仮面ライダーゼロワンネタバレ第32話『ワタシのプライド!夢のランウェイ』

気になるポイント

1番気になったのは、やはり亡の登場です。「私は道具じゃない!」と強く言い切る姿は、今までのような幻覚ではないようにも見えます。おそらく唯阿が回収したアサルトウルフプログライズキーが、32話の展開のカギとなるのでしょう。

 

最近ほとんど見せ場のなかったアサルトウルフが脚光を浴びるのは、素直にワクワクします。メタルクラスタホッパーとランペイジバルカンがサウザーと戦っているようなので、この1号2号ライダーの共闘が見られるのかもしれません。

 

また32話は東京ガールズコレクションとのコラボ回です。特に鶴嶋乃愛さんは本業がモデルということで、イズの演技との切り替えに注目したいです。

 

第32話予告動画

予告動画テロップ

  • 誇り高きモデルヒューマギア登場!
  • それぞれの「夢」が輝き始める

予告動画セリフ

  • デルモ:ワタシがワタシらしくあること、それが一番のモデルの仕事なの
  • 亡:私は道具じゃない!
  • 或人:夢を壊すヤツは絶対に許さない!!

ストーリーネタバレ

テレビ朝日ライダーゼロワン公式

イベントキャスティング会社社長の古澤(福澤重文)が、ファッションモデル型ヒューマギア・デルモ(木津レイナ)を復元してほしいと或人(高橋文哉)に依頼してきた。人気モデルとして活躍していたデルモだったが、ザイアによって回収されたらしい。

古澤は大人気のファッションイベントにデルモを出したいと或人の前で熱弁。イズ(鶴嶋乃愛)はザイアの妨害を心配するが、むしろ大きなイベントに出ることはヒューマギアをアピールできるチャンス、と或人はデルモを復元する。

一方、垓(桜木那智)は唯阿(井桁弘恵)に飛電製作所をつぶせ、と指示。唯阿は諫(岡田龍太郎)を利用し作戦を実行に移すのだが…!?

仮面ライダーWEB

或人が作った『飛電製作所』は、ヒューマギアを失って困っている人たちをサポートするための会社になった。今回のお客様は、ファッションショーを開催するために、モデルたちのキャスティングを担当する男性。なんでもカリスマ的な人気を誇っていたモデルヒューマギア・デルモがZAIAによるヒューマギアのサービス停止で回収されてしまったのだという。ところが、ファッションショーを成功させるためには、デルモの存在が欠かせない。そこで、或人はデータを使ってデルモを復元させる。ところが、そんな飛電製作所に早くもZAIAの魔の手が伸びて―――。

画バレ

テレビ朝日ライダーゼロワン公式

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダーWEB

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

仮面ライダー01第32話

ゲスト紹介

仮面ライダー01第32話

仮面ライダーゼロワン32話あらすじ

仮面ライダー01第32話

人気モデルヒューマギアのデルモが、飛電製作所に持ち込まれました。

そこへエイムズが乗りこんできたため、或人と不破は迎え撃とうとします。

しかし不破は、唯阿に強制的にアサルトウルフに変身させられて、思考を亡に乗っ取られてしまいます。

ヒューマギアを破壊しようとするアサルトウルフを止めたのは、迅でした。

 

「デルモがランウェイを歩けば、社会に大きな影響を与えてしまう」 垓はデルモのイベント出場を阻止しようとします。

「デルモの夢を叶えたい」

一方で或人は、ZAIAからデルモを守ることを決意します。

 

イベント当日、デルモはZAIAから襲撃を受けます。

孤軍奮闘するメタルクラスタホッパーの前に現れたのは、アサルトウルフでした。

亡は「ヒューマギアの夢を叶えたい」と願い、不破もその声に答え、ランペイジバルカンへと変身します。

 

そして或人達は、足を故障したデルモに変わってランウェイに立ちました。

デルモの耳には、イズを通して観客の声援が届きました。

 

仮面ライダーゼロワン第32話見どころ

ゼロワン32話の見どころを2つ紹介!

 

プロ意識の高いデルモ

当然のようにシンギュラっているヒューマギアが出てこようとは……。

最初はクセのあるキャラだと思いました。

 

しかし自分を狙うアサルトウルフに「命令されなきゃ何もできないの?」と説教したり、亡が「ヒューマギアが夢を持っていいのか」と悩んでいると「当たり前じゃない」と言い切ってしまったり、歯切れのよさが好きになりました。

夢であるランウェイを代役に歩かれたら、人間なら嫉妬してしまうところでしょう。

しかしイズに「ありがとう」と言えるところが、ヒューマギアのピュアさだと思いました。

 

亡と不破の和解変身

遂に亡が垓の束縛から解き放たれ、不破が亡を受け入れました!

アサルトウルフからランペイジバルカンへの変身が熱かったです。

亡にとっては、まさに親に銃口を向けたようなものです。 そんな亡の決意に「声が聞こえたぜ!」と応じる不破もかっこよかったです。

 

ランペイジバルカンのアシンメトリーなデザインは、2人で1つだからという噂がありましたが正解だったようです。

一方でサウザーとの戦闘は、不破らしいパワー押しでした。一発目のゴリラでサウザーの技を相殺してからの畳み掛けが、あまりに容赦なくてすっきりしました。

 

仮面ライダーゼロワン第32話の気になるポイント

滅亡迅雷.netの復活

アークがいよいよ動き出し、不穏な感じです。

まず敵か味方かわからない。「僕を信じて」と或人を助ける姿は、さも味方のようでした。

しかし不破から「亡を解放する」とは、具体的にどんな方法を考えているのでしょうか。

また亡の「子は親の言うことを聞くもの」という台詞は、以前の滅と迅の関係にも当てはまります。

滅のことを、今の迅はどう思っているのでしょうか。そして滅亡迅雷.netの復活ということは、復元不可能と言われている雷の再登場もあり得るのでしょうか

 

ヒューマギアのいない社会はどうなっているか

ヒューマギアがワンオフである以上、今回のデルモのように替えがきかない事態は珍しいことではないでしょう。

特に土木や介護など、マンパワーが必要な仕事には、ザイアスペックで技術力を補完されても支障が出ていそうです。

選挙後にピックアップされた仕事は、漫画家、モデル、そして次回のテニスコーチ。おそらく子供に人気の高い職業です。少しでいいので、ヒューマギアのいない社会全体がどうなっているのか見たいと思いました。

 

仮面ライダーゼロワン第32話の感想

TGCコラボ回ということで、或人とイズのランウェイを楽しみにしていました。

モデルとして実際に歩いている動画もありましたが、2人ともキリっとしてかっこよかったです。

ゼロワンで演じているときとは、まるで別人のようでした。

 

今回デルモが自由気ままなキャラだったので、珍しくイズが振り回されている印象でした。

しかし「デルモの夢を叶えよう」と或人に進言する姿に、シンギュラリティに到達したイズの成長を感じました。

感覚共有して夢を叶えるというのは、ヒューマギアならではの発想です。

 

今週のおもちゃネタバレ最新情報

情報がわかり次第追記していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です