仮面ライダーゼロワン最新26話ネタバレ!謎のレイダーは刃唯阿!?

仮面ライダー01第26話

前回の迅復活にはびっくりしましたね。

メタルクラスタホッパーの翌週に、バーニングファルコンの登場でした。

スペックとしてはややメタルクラスタホッパーが勝るものの、ほぼ同等らしいです。

主人公の強化を筆頭に、周りも次々に強化されていく、仮面ライダーらしいインフレ展開の始まりです。 中盤の強化は思い切りよく強くなっていくので、見ていてワクワクします。

26話はお仕事勝負に話が戻ります。今回はレスキュー勝負になっているみたいですよ!

どのような展開になるのか楽しみです。

仮面ライダーゼロワンネタバレ第26話『ワレら炎の消防隊』

災害救助対決ということで、現実のレスキューロボットにも通じるところがありそうです。 ただ或人があと1敗すれば飛電の買収が確定なのと、メタルクラスタホッパーとサウザーのスペック的に、ZAIAの負け戦なのは目に見えています。

さすがに結果が見え見えの展開になりそうですが、そこは素直な展開にはならないと思います。

また予告動画では登場しませんでしたが、滅亡迅雷.netの動きも気になります。

お仕事5番勝負が終わるまで、大人しく待っていてくれるとも思えません。 飛電、ZAIZ、滅亡迅雷.net、それぞれの動きが予想できなくて楽しみです。

第26話予告動画

予告動画テロップ

  • 人間とAIの熱い消防士対決!
  • ヒューマギアは人の命を救えるのか?

予告動画セリフ

  • 穂村:場数が違うってところを見せてやる
  • 天津:ヒューマギアが人の命を救えるわけがない
  • 或人:救えますよ、119之助なら

ストーリーネタバレ

テレビ朝日ライダーゼロワン公式

「お仕事五番勝負」の4回戦は「消防士対決」で決定。ザイアからはザイアスペックのCMにも登場、熱いハートの消防隊長・穂村(阿部亮平)が出場。或人(高橋文哉)は、消防士ヒューマギア・119之助(島丈明)で受けて立つ。

ルールは、消防訓練として設定された火災現場のビルからより多くの人を救出した方が勝利、というもの。しかし、垓(桜木那智)は勝利をより確実なものにするため、唯阿(井桁弘恵)にある指令を出し…!?

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

仮面ライダーWEB

飛電インテリジェンスとZAIAエンタープライズジャパンの“お仕事5番勝負”の第4回戦がやってきた。今回は消防士対決。火災を想定した消防訓練の現場において、ザイアスペックを使用した人間とヒューマギア、どちらがより多くの要救助者を助け出せるかという勝負だ。地下のフロアは瓦礫から、1階は火災から、そして2階が煙からの救出が目的となっている建物が準備され、ついに消防士対決が幕を開けた。ところが、そんな勝負のさなか、謎のレイダーが出現し本当に爆発事故を起こしてしまい―――。

引用:https://www.kamen-rider-official.com/summaries/27

26話気になる点

画バレ

テレビ朝日ライダーゼロワン公式

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダーWEB

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

仮面ライダー01第26話

ゲスト紹介

仮面ライダー01第26話

仮面ライダーゼロワン26話あらすじ

仮面ライダー01第26話

お仕事5番勝負の第4回戦は、消防士対決になりました。 ザイアスペックホルダーの穂村とヒューマギアの119之助が、「火災が発生し要救助者がいる」と設定された訓練で争うことになります。

 

一方その頃、デイブレイクタウンでは滅と迅が合流していました。 そして不破は、2人が出てくるのを待ち構えていました。 不破と迅が変身し、アサルトウルフとバーニングファルコンの戦闘になります。 しかしアサルトウルフは全く歯が立ちません。

 

そしてお仕事勝負は、ほぼ互角。そんな中、突然パンダレイダーが乱入します。 訓練から一転。現場は火の海と化し、多数の怪我人も出ます。 心肺停止者を見捨て、怪我人を優先しようとした119之助に、穂村は激怒します。 119之助にシンギュラリティの兆候が表れ、唯阿は垓に言われるがまま、ゼツメライザーを装着します。 119之助はマギア化し、暴走します。

 

破棄しようとするサウザーを退け、ゼロワンは119之助を修復しました。

仮面ライダーゼロワン第26話見どころ

消防士対決で露呈するヒューマギアの弱点

現実にもレスキューロボットがいること、危険な現場には生身の人間は弱いという認識から、消防士対決はヒューマギアが有利と多くの視聴者は予想していました。 しかし逆に、システマチックの域を出ないロボットには、生死の判断力が弱いことが発覚します。

 

すごく説得力があり、SFとしても避けては通れないテーマでした。 そして消防士の穂村がいいキャラでした。 女性には弱いですが、命の重さを誰よりもわかっていました。

アサルトウルフVSバーニングファルコン

デイブレイクタウンから迅と滅が出てくるまで、どれほどの時間不破は待ち続けていたのでしょう。 かなりの執念です。

お互い背中越しでの変身、かっこよかったです。

 

青い仮面ライダーと赤い仮面ライダーで、ビジュアル的にもライバル感がありました。

しかしスペック的にも、やはりアサルトウルフでは勝ち目がありません……。 不破が唯阿のことを「ZAIAの人間だ」と言い切るのも切なかったです。

 

仮面ライダーゼロワン第26話の気になるポイント

迅の目的

迅はアークに接続していないようです。 しかも「自分のやり方でヒューマギアを救う」とは、もはや考え方が人間そのものです。 誰が迅を復元したのでしょうか?

有力なのはZAIAでしょう。 しかし垓は、迅の復活を1000%ではなく「100%予想内」と言っていることから、普段ほどの自信はないことが伺えます。

 

パンダレイダーの乱入も知らなかったようですし、どんどん垓の思惑を外れて物事が動き出したように感じます。

そして亡です。幻のように曖昧でしたが、遂に迅が存在をはっきり肯定しました。 「不破の近くにいる」とは、どういうことでしょうか。

パンダレイダーの正体は?

今回は対決相手の穂村が、レイダーの出現時にその場にいました。 だとしたら、乱入してきたパンダレイダーは誰だったのでしょうか?

レイダーは「ZAIAに勝ってもらわなきゃ困る」と口走っていました。

今回の出現には、滅亡迅雷.netが絡んでいるとイズは言っています。 やはり2つの組織につながりがあるのでしょうか。

そしてレイダーの目的、正体は誰なのでしょうか?

 

仮面ライダーゼロワン第26話の感想

メタルクラスタホッパーの戦闘力が突出しているおかげで、変身した時に安心感があります。 サウザーともほとんど刃を交えなかったですし、変身した瞬間に主人公の「勝ち確定」というのは気持ちがいいものです。

 

またプログライズホッパーブレードでヒューマギアを修復できるようになったことも、安心して戦闘が見られる一因です。 破壊するしかなかった社員を守れるようになったことは、或人にとっても大きなことでしょう。

 

そして、垓の唯阿へのパワハラが一線を超えた回でもありました。 人命救助を行っていた人に、人を襲うマギアを作らせるとは。 ネタバレ情報のことも考えると、垓はあえて唯阿の心を壊そうとしているのでしょうか。

今週のおもちゃネタバレ最新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です