滅亡迅雷.net勢ぞろい!今後の活動はどうなるのか考察!

仮面ライダーゼロワン第15話

仮面ライダーゼロワン盛り上がってますね。

滅亡迅雷の4人がついに明らかになりましたね。

この記事では3月1日に放送された第25話の内容を振り返りながら、今後の滅亡迅雷.netの活動について考察してみました。

 

博士ボットにより整理された勢力図

現在仮面ライダーゼロワンでは、大きく分けて3つの勢力が争っています。

衛星ゼア

1つ目は、人々の善意のデータを集めた衛星ゼアです。飛電インテリジェンスに力を貸しています。

 

プラグライズキーを作成したり、ゼロワンの武器やバイクを射出します。また、ヒューマギアの管制塔的な役割も果たしています。

衛星アーク

2つ目は衛星アークです。人々の悪意をラーニングし、湖の底で人類滅亡の機会を伺っています。

 

12年前に起こったデイブレイクで、多数のヒューマギアを暴走させました。そのヒューマギアの中でも優秀な4体が「迅雷滅亡.net」です。

 

ゼツメライザーなどのアイテムを与え、手足として使役しています。

ZAIAエンタープライズ

そして3つ目は、大企業ZAIAエンタープライズです。

 

日本支部社長の垓は、ゼロワンと迅雷滅亡.netを競合させようとしています。それによりゼロワンの強さに磨きをかけ、兵器としての質を高めることが目的です。

 

最終的に飛電インテリジェンスを買収し、軍事産業で巨額の富を得ようと画策しています。

 

公的な取り締まり機関のA.I.M.S.は、ZAIAから武器や武装の供給を受けています。

 

滅亡迅雷.netとは

衛星アークが暴走させたヒューマギアのうち、特に優れた4体から結成された組織です。

 

アークが宇宙への打ち上げを阻止されたあとは、時が来るのを待ち、身を潜めていました。

司令塔です。

 

衛星アークからの指令、そしてゼツメライズキーなどのアイテムを受け取る役目を果たします。

 

冷酷な性格で、アークのためには自分の身や「息子」と呼ぶ迅さえも犠牲にします。

 

デイブレイクの爆発から或人を守った其雄とは、同じ「父」として対称的に描かれていると言われています。

行動係です。

 

ヒューマギアにゼツメライザーを取り付け、マギアにする役目を負っていました。

 

しかし敵対しているはずの仮面ライダーに、憧れを抱くようになっていきます。ヒューマギアを「友達」と呼んだり、父や兄などの家族を望む様子は、まるで幼い子供のようです。

 

一度はゼロワンに破壊されましたが、突然の復活を果たしました。

飛電で「宇宙野郎雷電」として働く旧式ヒューマギアでした。

 

しかし正体は、衛星ゼアの情報を迅雷滅亡.netに横流しするスパイでした。自覚はありませんでしたが、迅にプログラムを書き換えられたことで覚醒しました。

 

衛星アークを復活させましたが、バルカンに撃破されました。

黒いフードの謎の人物が亡であるとされますが、正体は不明です。

 

神出鬼没に現れては、人々を唆してレイダーにしていきます。

 

仮面ライダー陣の中では不破の前にしか現れないことから、ファンの間では関係性を考察されています。

 滅亡迅雷.netとZAIAの関係

関係ありそうな点

滅亡迅雷.netは、ゼツメライザーとゼツメライズキーの組み合わせで、ヒューマギアをマギアに強制変身させていました。ZAIAは、迅雷滅亡.netの残していったゼツメライズキーを回収していました。

 

そして滅亡迅雷.net壊滅後、なぜかゼツメライザーはZAIA社長の垓の手に渡ったようです。

 

ヒューマギアをマギアにするには、衛星アークに人の悪意の感知させるという方法もあります。

 

テロリストの兵器として危険視されているゼツメライザーを、わざわざ使用し続ける理由はなんでしょうか。

 

そして再登場した仮面ライダー迅バーニングファルコン。必殺技エフェクトの字体が、A.I.M.S.と同じものになりました。

 

また仮面ライダー迅が、武器として使用している小刀の名称は「ザイアスラッシュライザー」です。アーマーの形状もA.I.M.S.に近く、ZAIA製の武装を使用していると考えられます。

関係なさそうな点

滅亡迅雷.netのリーダーである滅と、ZAIAの社長である垓は、おそらく相入れないでしょう。滅は、垓がゼツメライザーを使っていることを知らなかった様子です。

 

取り乱しながら「アークを利用することは許さん」と叫んでいます。

 

一方で垓も「ヒューマギアは危険だ」と見下し、嫌っています。垓にとっては、ヒューマギアは人類を進化させるための道具に過ぎません。

 

迅雷滅亡.netとZAIAは、互いに認識はしているようです。しかし協力関係になることはなさそうです。

滅亡迅雷.netの今後

滅の最終目的は「アークの意思に従い、人類を滅亡すること」です。

 

そして迅の目的は「ヒューマギアを人類から解放すること」です。

 

一見すると、人類に直接的に危害を加えようとしている、滅の方が恐ろしい存在です。

 

しかし見方を変えれば、アークからのコマンドを忠実に実行しているに過ぎません。他のお仕事ヒューマギアと同じです。「お仕事」として「人類滅亡」を行っていると考えればわかりやすいでしょう。

 

一方で迅の目標は、明らかに自立思考です。人のように複雑な思考を持つこちらの方が、敵に回せば厄介でしょう。ヒューマギアは確かに、健気で献身的な存在です。

 

しかし仕事にやりがいや誇りを持っている様子が描かれ、本当に迅の言う「解放」が必要なのか疑問があります。

 

これまでは滅と迅には、明確な上下関係がありました。しかし今や、一介のヒューマギアに過ぎない滅と、シンギュラリティを超越した迅。

 

迅は、滅の思うようには動かないでしょう。力関係が逆転していく可能性もあります。

 

そして迅が復元できたということは、雷の復活もあり得るということです。

 

そしていよいよ、亡にも動きがありそうです。

 

滅亡迅雷の揃い踏みは、ファンとしてはぜひ見たいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です