厳島神社の初詣の混雑を避けるには?期間と時間帯に注意!!

厳島神社

広島県を代表する観光スポットであり、ユネスコの世界文化遺産にも指定されている厳島神社。

パワースポットとしても人気が高いことから、厳島神社へ初詣を計画している方も多いでしょう。

厳島神社のある宮島は近年海外からの旅行者も増えており、お正月は特に混雑が予想されます。

しかし、せっかく宮島に立ち寄るなら可能な限り混雑を避けて厳島神社の初詣に行きたいところです。

ここでは厳島神社の初詣の基本情報や混雑を避けるためのヒントをご紹介します。

 

厳島神社の初詣の期間・時間を紹介

厳島神社大鳥居

厳島神社の初詣の期間はいつまでにゆけばいい

厳島神社の初詣は1月3日までに参拝するのがおすすめです。

厳島神社では様々な年中行事が行われていますが、毎年1月1日から3日は午前中に祭事が予定されています。

また、宮島を訪れる際は対岸の宮島口まで向かい、そこからは宮島へのフェリー航路を利用するのが一般的ですが、正月三が日は年末年始ダイヤとなり臨時便が増発されるなど利便も図られています。

なお祭事や縁起物などに特にこだわりがないという場合は初詣客の数が落ち着いてくる4日以降の参拝も検討してみましょう。

厳島神社の初詣の時間は期間によって違うの?

厳島神社の開門時間は時期によって異なっています。

特に年末年始は通常よりもやや長めに設定されています。

まず、大晦日は17時に一度閉門した後、新年は0時と同時に開門し、18時30分に閉門します。

2日と3日の開門時間はいずれも6時30分から20時30分までとなっています。

開門時間中ならいつでも参拝が可能ですが、当日は混雑状況によって時間が調整される可能性があるため時間に余裕を持って出かけるとよいでしょう。

 

厳島神社の初詣の混雑を避けるには?

厳島神社本殿

厳島神社の初詣の例年の混雑状況は

広島市街からは離れているものの世界的にも名高い観光スポットとなった宮島は、当然広島県内の人気の初詣スポットの上位を占めており例年10万人ほどが参拝に訪れます。

厳島神社への初詣のための行列は大晦日の夜から始まります。

閉門後の18時から行われる地域住民も加わって行われる火難除けの行事「鎮火祭」が終わった後にそのまま0時の開門を待つという人々も多く、前日のうちに宮島に向かう方は行列を覚悟した方がよいかもしれません。

また、1日は開門直後はもちろんのこと、早朝は厳島神社の背後にそびえる弥山で初日の出を拝んでから参拝しようという下山客が増え、また5時からは舞楽を奉納する「歳旦祭」が始まることから混雑が見込まれます。

2日と3日もやはり午前中から昼にかけて祭事があることからその時間帯は混雑しがちです。

厳島神社の初詣の混雑を避ける方法

厳島神社入口

厳島神社の初詣の混雑しない期間はいつ

厳島神社の初詣は確実に混雑を避けたいなら2日以降が無難でしょう。

前述の通り1日には開門直後のみならず初日の出登山の後に参拝に訪れようという方も多く、そのため大抵の寺社では比較的空いている早朝でも混雑するのは宮島ならではです。

宮島は広島市からやや離れているとはいえJR線や路面電車などを利用すればそう遠くなく、広島市内で年を越した後に厳島神社に初詣に訪れる人も少なくありません。

厳島神社の初詣の混雑しない時間帯

新年になると同時に始まる厳島神社の初詣の混雑ですが、混雑しない時間帯はやはり朝と夕方です。

フェリー航路に関しても早朝の3時、4時台は便数が少なくなっていることからもそのことがうかがえます。

また、厳島神社は浜に建てられているため満潮時は社殿が海上に浮かんでいるように見え、干潮時は大鳥居の下まで歩いて行くことができます。

当日の潮の満干によっても混雑状況は左右され、特に満潮時に社殿から大鳥居をカメラに収めたいという参拝客が増える可能性があります。

なお2019年時点では大鳥居が改修工事のため柵などで覆われているため姿を見ることが困難です。

但し工事中の大鳥居を見られるのはかなり貴重なため、それも一つの旅の思い出になるかもしれません。

厳島神社の初詣へ混雑を避けてアクセス

広島市中心部から宮島へは、まず宮島口までJR山陽本線か広島電鉄宮島線を利用し、その後フェリーに乗り換えてから約10分で到着します。

山陽本線、宮島線とも特別ダイヤでの運転ですが、フェリーの便数に対して電車の運行数は多くないため、スムーズに連絡できるよう時間調整が重要です。

またフェリーは通常は設定がある自動車航送便が大幅に制限されるため、車の利用は控えましょう。

なお、西区の広島ヘリポート近くにある商業施設「マリーナホップ」から宮島への航路もあり、そちらは30分間隔での年越し運航が予定されています。

マリーナホップの駐車場を無料で利用できるのもうれしい点で、車移動の際には検討してみましょう。

厳島神社周辺のおすすめスポットで混雑を回避

厳島神社周辺はグルメも充実しており、混雑回避にも役立ちます。

宮島桟橋から厳島神社に向かう途中には表参道商店街があり、飲食店や土産物店が軒を連ねています。

宮島のグルメと言えば何と言ってももみじ饅頭ですが、ぜひトライしていただきたいのがもみじ饅頭に衣をつけて揚げた「揚げもみじ」です。

割り箸にささっているのでその場で食べられ、揚げたてのサクサクした衣とほくほくしたもみじ饅頭のハーモニーが最高です。

また、休憩に最適なカフェも地元発のお店からチェーン展開するコーヒーショップまで続々と増えています。

厳島神社の混雑を避けつつ地元グルメを満喫するのは楽しいものですが、時間帯によってはやはりこちらも行列ができる可能性があります。

また紙類やおいしそうな食べ物を見つけると近づいてくる鹿にも用心してください

 

まとめ

厳島神社干潮

世界的にも有名な観光スポットとなった厳島神社は初詣スポットとしても定評があります。

風光明媚なだけでなく歴史ある神社ゆえ伝統行事に触れられる機会も多く、そのためにどうしても参拝客は殺到しがちですが、混雑を避けて初詣に訪れることは十分可能です。

宮島に行ったことがある方もそうでない方も、新しい年を厳島神社の初詣から始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です