伊藤美誠敗戦でぼう然!【驚愕】女子卓球決勝「優勝以外は敗け」

伊藤美誠ぼう然

3年連続3冠とスポーツニュースでもかなりあおられていた伊藤美誠選手。

混合ダブルス、女子ダブルスで優勝を納め、臨んだ女子シングル。

しかも決勝の相手は女子ダブルスで組んでいた早田ひな選手。

この記事では伊藤美誠選手が敗戦してぼう然となってた記事を調査しました。

伊藤美誠選手がぼう然、女子決勝でまさかの敗戦

女子シングルの決勝の結果は3-4で早田ひなが勝利。

女子シングルス準決勝が行われ、史上初の3年連続3冠に王手をかけていた東京五輪代表の伊藤美誠(19=スターツ)が早田ひな(19=日本生命)に3―4で敗れた9―11、7―11、11―6、11―9、10―12、11―4、7―11

 前日にダブルスで2連覇を達成した“みまひな対決”は、ひなに軍配が上がった。序盤から早田のペース。2ゲームを連取され、第3、4ゲームは奪うも、第5ゲームを接戦で落としてしまう。第6ゲームは立ち上がりの5連続得点で勢い付いて11―4と圧倒したが、最終ゲームは一進一退の展開の末に競り負けた。

かなりの接戦だったようですが、序盤から早田選手のペースだったようですね。

同年代の二人がこれから日本の卓球界をけん引していくことは間違いなさそうです。

まだ二人とも19歳ですよ。これからしばらくは日本の卓球界は安泰なのでは^^

 

伊藤美誠敗戦から得たものは

伊藤は「非常に悔しい。早田選手が上回っていた。いいボールが沢山入ってきた。逆によくここまで戦えた」と涙目で勝者を称えた。また「優勝以外は負け。負けて良かったとは思わないけど、負けたからこそ頑張れる。1ゲーム目は楽しくなかったけど、2―2になってからは私自身しっかり考えられて楽しかった。0―4で終わらなくて良かった」と試合を振り返り、「(勝ち続ける難しさは)目の前の一戦で出し切ろうと考えているので、そこまで感じなかった。次の試合で勝つことが五輪につながる」と前を向いた。

ここまで卓球全日本選手権女子卓球では2年連続3つのタイトルを獲得。

今回は3年連続3冠がかかった大会でした。

混合ダブルス優勝

女子ダブルス優勝

ここまで順調に来ていたのですが、女子シングルでまさかの波乱が・・・。

あと少しで前人未到の3年連続3冠となる予定でした。誰もがそう思っていたのかもしれません。

 

しかし、試合中に伊藤美誠選手は0-4で敗けるかもという焦りも感じたようですね。この辺は周囲が騒ぎすぎたのかもしれません。

でもここからの伊藤美誠選手には期待ができるのではないでしょうか?

今回の敗戦から

 

  • 非常に悔しい。早田選手が上回っていた。いいボールが沢山入ってきた。逆によくここまで戦えた。
  • 負けて良かったとは思わないけど、負けたからこそ頑張れる。
  • 次の試合で勝つことが五輪につながる。

しっか相手を認めて、敗因をしっかり分析して、次の試合で勝つことの重要性を理解し、すでに前を向いていました。

3冠逃すも「早田選手が上だった」と相手を称賛する伊藤美誠選手ステキ!

伊藤美誠選手は、認めるときは認め潔い。こう言う切り替えが大事だと思います。

 

伊藤美誠敗戦でぼう然!【驚愕】卓球女子決勝「優勝以外は敗け」まとめ

卓球全日本選手権女子決勝では同世代の早田ひな選手に敗れた伊藤美誠選手。

今回の敗戦を前向きにとらえて、次の試合で見事勝利をおさめ、東京五輪につなげてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です