ヒロアカ323話ネタバレ考察最新情報!【ヒーローを守るもの】超えろ逆境!!

ヒロアカ 323話 ネタバレ

この記事ではヒロアカ323話のネタバレ最新情報をいち早く紹介する記事となっております。

322話では爆豪が緑谷に対する今までの態度を謝罪し、緑谷はその姿を見て考えを改め、雄英に戻ってきました。

しかし雄英には緑谷を保護することに反対する避難民達が抗議の声を挙げていました。

緑谷は再び雄英を離れようとします。

そんな緑谷の手を取り、大丈夫と話す麗日。

決意した表情の麗日がとる行動は一体何なのか…

ではヒロアカ323話のネタバレ最新情報についてみていきましょう!

 

>>ヒロアカ322話のネタバレ考察!繋がれていくA組の絆

 

 

ヒロアカ323話ネタバレを予想!

ヒロアカ322話までの内容から323話について予想していきます!

 

ヒロアカ323話ネタバレ予想①麗日が避難民を説得

麗日はずっとヒーローが辛いとき、誰がヒーローを守ってあげられるのだろうと考えていました。

この思いはデクの「黒鞭」が暴発した212話とデクが雄英を離れる際にA組に手紙を書き残した306話でも言及されています。

雄英入学時から、自分を顧みず人助けに奔走するデクを近くで見てきた麗日だからこそ思うところがあるのでしょう。

AFO(オールフォーワン)によってヴィランが脱獄し、ヒーローへの風当たりが強い現在。

そして校長の話を聞いても納得できなかった一部の避難民。

そんな避難民を納得させ、緑谷が雄英に戻れるような言葉は一体どのようなものになるのでしょうか。

 

ヒロアカ323話ネタバレ予想②緑谷引子の登場

しかし麗日の言葉だけで反対派の避難民が納得できるのかという疑問も残ります。

校長でも説得できなかった人々ですから、反対を続ける人もいそうです。

そのとき、緑谷の母・緑谷引子が登場するのではないかと思います。

緑谷も守られるべき16歳の子供であり、心配する家族がいるとわかった反対派。

自分たちの子供だったらと考え、反対を止めるのではないでしょうか。

 

ヒロアカ323話ネタバレ予想③オールマイトと再会

317話で離れていく緑谷に心配する気持ちを伝えられなかったオールマイト。

オールマイト自身、自らを顧みずヒーローをしてきたわけですから、緑谷を止める言葉が掛けられなかったんですね。

321話では1年A組が緑谷の元に集まっている傍らにオールマイトの車と思われるエルクレスが描写されていました。

きっと現場に来ていて緑谷の行く末を見守っていたのでしょう。

OFA後継者としてだけでなく、1人の生徒・子供として心配していたオールマイト。

戻ってくる緑谷を雄英で迎えるのはオールマイトで間違いないでしょう。

 

ヒロアカ323話ネタバレ予想④ステインが現れる!?

317話で緑谷とオールマイトのやりとりを見ていたステイン。

ステインは一度捕まっていますが、AFOによって脱獄したのだと思います。

ステインはこれまで作品に登場した多くのヴィランとは異なり、歪んだ正義感を持つダークヒーロー的な存在として描かれており、その存在は多くの一般市民の心を動かしました。

またステインはオールマイトのことを本物のヒーローとして認めていた人物です。

317話で緑谷が去った後、オールマイトとステインの間で何かやりとりがあったのではないでしょうか。

ステインがヒーロー側につくのか、ヴィラン側につくのかで今後の状況は大きく変わりそうですね。

 

ヒロアカ323話ネタバレ確定

最新話の確定情報が出ましたので、紹介していきますね。

 

ヒロアカ323話ネタバレ①雄英バリアの全貌

場面はデクを連れ戻す少し前です。

1年A組は根津校長・エンデヴァーと校長室で話し合いをしていました。

飯田が雄英バリアにデクを連れ戻しても避難民の安全が保証されるだけのエビデンスがあるのかを問います。

もしエビデンスがないのであれば、人々を守ることを何より優先するデクが雄英に帰る決断を絶対にしないということが分かっていたからでしょう。

校長は飯田の疑問に「感情論ではない」と答え、雄英バリアの全貌を明らかにします。

雄英バリアとは、雄英の敷地を基盤上に分割し、各区画に駆動機能を備え付けたものであると説明します。

緊急事態が発生すれば区画毎に地下へ潜り、それ自体がシェルターの役割を担い、各シェルターは超電導リニアシステムにより適宜ルートを移動します。

ロボアニメみたいだと興奮する上鳴。

さらに雄英バリアの周辺地下には三千層の強化プレートが埋められ、異常を感知すると迎撃システムが作動し、その間に雄英と同等の防衛システムを持つ複数のヒーロー科高校へ地下移動する仕組みです。

瀬呂がその移動距離に驚きます。

 

ヒロアカ323話ネタバレ②根津校長

常闇が文化祭の時点で、ここまでの”伝播する崩壊”対策を講じることはできないのではと疑問を投げかけます。

少し沈黙した後、校長は全て自分の勘で雄英バリアの費用は全て自腹だと答えました。

億単位では済まなさそうな改修を自腹で行ったことに驚く一同。

根津校長は”個性”道徳教育に多大な貢献をし、世界的な偉人になった人物であり、今尚尽力していると説明するエンデヴァー。

「不理解 不寛容、何も”あと一歩”近寄ることのできなかった人々の歩み、動き。」

校長がゆっくりと話し出し、A組の一同はその言葉に聞き入ります。

ヒーロ社会が崩壊し混乱を極めた現在、寄り添うための一歩を踏み出すことがどれだけ難しいことか校長は理解しているのでしょう。

その中で緑谷が雄英に居ていい理由も理屈もある、全力でぶつかっていけばいいのだとA組に伝えます。

 

ヒロアカ323話ネタバレ③避難民に伝播する不安

場面は現在に戻り、雄英に緑谷を迎えることを反対する避難民の姿が見えます。

緑谷が雄英に戻るということは、雄英に死柄木が現れ流可能性を高めるため安全・安心を保証することと矛盾していると主張します。

そこに教員ではない者からの方が聞き入れやすいだろうとベストジーニストが現れ、雄英が最も安全な場所であること・避難民の命を第一に考えていると発言します。

そして緑谷を囮にヴィランの居場所を突き止めようとしたが満足な成果は得られなかったことを告白しました。

敵の狙いでありこちらの最高戦力である緑谷を今は最も安全な場所で休ませ、万全の状態で居てもらわなければならないと力説するベストジーニスト。

しかし避難民は抵抗を続けます。

ヒーローのしわ寄せを何故市民が受け入れる必要があるのか、そもそも日本が無法になってしまったのはヒーローのせいだと主張。

その言葉を皮切りに、さらに避難民の抗議は激しくなります。

不安が伝播し、今にも爆発しそうな状態です…。

 

ヒロアカ323話ネタバレ④麗日お茶子の思い

そのときメガホンを手にした麗日が雄英の屋上まで飛び上がり、緑谷は特別な力を持っていると話し始めました。

だからこそそんな奴が休みたいからと雄英に来るなと反対の姿勢を崩さない避難民。

その言葉を否定する麗日。

迷惑をかけないように雄英を出て行った緑谷を連れ戻したのは私たち(1年A組)だと言います。

ヴィランに狙われることを危惧して出て行った緑谷が今どんな姿をしているのか見えていますかと問いかけます。

避難民の視線の先にはボロボロで、ヒーローか分からないほど憔悴している緑谷の姿。

この現状を良くなることを願い、いつヴィランに襲われるか分からない道を進む人間の姿を見て欲しいと叫ぶ麗日。

「特別な力はあっても、特別な人間なんていなんていません!」

それが麗日の思いです。

 

ヒロアカ323話ネタバレ⑤オールマイトをも超える最高のヒーローに

緑谷の隣で麗日の言葉を聞いていた爆豪が口を開きます。

避難民の命を守るシステムはあっても不安はどうしてもが残ってしまう。

緑谷が拭えないものはこっちで拭うと緑谷に伝えます。

この一連の様子を見ていた根津校長は、この一歩がどれほど困難なものかと考えていました。

そしてこの一歩が道と成したとき、そこにはオールマイトをも超える最高のヒーロが誕生するのだと確信していました。

 

ヒロアカ323話の考察

最新話の確定情報が出ましたので、考察していきます。

 

ヒロアカ323話考察①雄英バリアの移動距離

雄英バリアの移動距離はなんと士傑高校を含む複数のヒーロー科高校までということが判明しました!

『東の雄英、西の士傑』と評されているように、士傑は関西にあることを考えると雄英バリアの行動範囲はとてつもなく広いですね。

具体的な都道府県は発表されてませんが、仮に大阪だとすると約500kmも地下移動が可能ということになります..!

地下にそれだけの範囲に渡るシステムを作るとなると途方もない時間が掛かりますが、根津校長はそれほど前から今の社会の状況を予想していたのでしょうか…。

さすが世界で唯一無二の存在、人間以上の頭脳を持つ動物ですね。

 

ヒロアカ323話考察②根津校長が内通者!?

根津校長はリカバリーガール曰く”人間に色々弄ばれている過去がある”ことが分かっています。

もし根津校長を弄んだ人間がAFOの内通者やドクター(殼木・氏子達磨)であった場合、根津校長の身体に何かしら仕込まれており、本人の意識と無関係に情報を漏らしているのかもしれません。

脳無の存在や黒霧のベースである白雲の意識が完全に抑えられ体を使われていることを考えると、そういった可能性も十分ありえますね。

 

ヒロアカ323話考察③デクの危機感知発動

デクを雄英に入れることを反対する避難民の不安が爆発寸前のとき、デクの危機感知が発動していましたね。

これは320話で1年A組のみんなに対して危機感知が発動しなかったことの対比ではないでしょうか。

攻撃をしなくても緑谷に対する悪意があれば危機感知は発動し、反対に攻撃をしていても悪意がなければ反応しないということがよく分かります。

 

ヒロアカ323話の感想

323話ではお茶子ちゃんの言葉に泣きそうになりました…!

避難民が不安に駆られることも分かりますが、ヒーローも人間であり、支えが必要な存在なんだとひしひしと伝わってきます。

”ヒーローが市民を守らなければいけない”社会が崩壊し、これから新しい価値観のヒーロー社会が築かれていくのだろうと思います。

そして根津校長も言っていたように、もし新しい社会の仕組みができたときオールマイト以上のヒーローが誕生するという言葉にも胸を打たれましたね…。

ヒーローも人間で完璧ではないし、特別な力を持つ1人のヒーローだけで救えるものは限られる。

だから他のヒーローがいる。

まさにワンフォーオールですね!

 

ヒロアカ323話へのファンの声

 

ヒロアカをお得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
music.jp1冊30日600P付与/10%還元/動画クーポンあり/音楽充実
FODプレミアム最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
ebookjapan6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
まんが王国1冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF1冊/毎日1pt/クーポン多数/無料まんが3000冊↑

 

 

ヒロアカ323話ネタバレ記事まとめ

今回はヒロアカ323話ネタバレ予想をご紹介させていただきました。

323話ではヒーローを守るお茶子が見どころのひとつでした。

そのほか、オールマイトやステインの登場もとても気になります!

来週のジャンプ発売が待ち遠しいですね!

 

最後までご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。