平手友梨奈が欅坂46を脱退!卒業ではなく脱退の理由とは?!原因は秋元康との確執?!

平手友梨奈

2020年1月23日に衝撃的なニュースが飛び込んできました。

このブログでも何度も取り上げてきた欅坂46の平手友梨奈が、同グループからの脱退を表明したのです。

欅坂46の全シングル曲のセンターを務めてきた、グループのエースの突然の脱退は業界を震撼させています。

今回は、平手友梨奈が卒業ではなく脱退を選んだ理由や原因。今後の展開を予想していきます。

 

平手友梨奈が脱退を選んだ理由は?

平手友梨奈は欅坂46脱退のニュースが飛び込んでから数時間後にTOKYO-FMの「SCHOOL OF LOCK!」内の【GIRLS LOCKS!】に出演し、脱退したことを、自身の口で告げると

今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話しさせていただこうかなと思っております。」

とコメントするにとどまっていました。

番組内では、グループとして最後のセンター曲となった「黒い羊」をフルで流していました。

現時点では、脱退した正式な理由は明かされていません。

同時にグループを卒業した織田奈那や鈴本美愉とはどう違う?

同じ日に、欅坂46の1期生である織田奈那と鈴本美愉もグループ卒業を発表。※佐藤詩織は休業を発表。

織田奈那ブログで「私の軽率な行動でファンの皆さん メンバーのみんな、スタッフさんに 迷惑をかけてしまいました。(中略)私は欅坂46を卒業します。 お休みを頂いている間、将来のことを色々考えました。(中略)これからは大学卒業を目標に頑張りたいと思います。」と表明。

鈴本美愉ブログで「心と身体がだんだん追いつかなくなり、パフォーマンスに熱が入りきらず、その気持ちを無視する事が出来ませんでした。中途半端な気持ちでパフォーマンスをすることが許せなかったです。一時的な感情かなとも思いましたが、気持ちは変わらなかったです。自分が曲を伝える立場にいるのはもう違う。と思い、欅坂46を卒業することに決めました」と綴っていた。

 

この二人と平手友梨奈は何が違っていたのか?運営からは本人の意志を尊重して”脱退”としたとの事だったが...

アイドルの卒業と脱退の違いとは?

アイドルの卒業と脱退の違い

  • 「卒業」・・・アイドルとしての活動が終わる。女優や引退など次の道に進む。
  • 「脱退」・・・方向性の違いや自分の内面など、自己都合が原因で辞める。

というのが、主な違いです。

最近のアイドルグループの脱退では、あのがゆるめるモを脱退しています。

これに関しては、現在も理由が明確ではない為、不明です。

そして2017年には、でんぱ組.incの最上もがが脱退をしています。

こちらは「心のバランスが取れなくなった」事が原因です。

そして、今回の平手友梨奈のグループ脱退を受けて、最上もが自身も「卒業」と「脱退」の違いについて言及しています。

 

この文面から見えるのは、今回の平手友梨奈の脱退はグループから「抜けざるを得ない」という結論に達したことが分かります。

それでは、なぜ脱退を選んだのかを推測していきます。

平手友梨奈の脱退の原因は秋元康との確執?!

秋元康は、欅坂46の楽曲を担当しながら、プロデュースも行っています。

そして、平手友梨奈の感性を最も信じている人物です。なので2人は蜜月関係にあると思われます。

もし、平手友梨奈がグループから「抜けざるを得ない」状況があるとすれば、この秋元康との蜜月関係が何らかの原因で終わった可能性があります。

過去に秋元康は平手友梨奈に作成中の楽曲を聞かせ、意見を求めていました。

平手友梨奈もその楽曲を気に入って、欅坂46のシングルになると思っていましたが、結局は乃木坂46の曲として世に出ました。

この事に対して、平手友梨奈は秋元康に対して直接文句を言ったとラジオでも語っています。

この様に楽曲を巡って、二人の意見が対立し、関係が悪くなった可能性もありますが、正直言って、その可能性は低いと思います。

平手友梨奈は秋元康の事を「唯一信頼する大人」と表現していますから、きっとグループの脱退も秋元康に相談したと思います。

幻の平手友梨奈がセンターの9thシングルが原因?!

今冬に発売予定だった、欅坂46の9thシングルでも平手友梨奈がセンターを務める予定でした。

欅坂46 9thシングル

欅坂46 9thシングル

しかし、結局は発売が延期され、幻のセンターとなってしまいました。

この作品は前作の「黒い羊」で1人となった「ぼく」事、平手友梨奈が絶望から新たな道に進むという意味合いと欅坂46初の選抜制となる事からも、注目を集めていました。

今回、平手友梨奈は欅坂46での役目を全うせずにグループを抜ける事から「脱退」という言葉を使ったのかもしれません。

同期の卒業が原因?!

さらに考えられるのは、織田奈那と鈴本美愉といった1期生の仲間が卒業する事から、自身のグループ活動としてのモチベーションが下がった可能性もあります。

昨年に盟友の長浜ねるが卒業した時もかなり落ち込んでいた模様でした。

平手友梨奈の今後は?ソロ?新グループ?プロデューサー?

それでは、平手友梨奈の今後はどの様な活動をしていくのでしょうか?

現時点で決まっているのは、TOKYO-FMの「SCHOOL OF LOCK!」内の【GIRLS LOCKS!】は来月も出演するという事です。

現時点で最も可能性が高いのは、ソロ活動です。

昨年に発表したソロ曲の「角を曲がる」で、改めて圧倒的な表現力で、話題になりました。

この事から、ソロのアーティストとして活躍する可能性はかなり高いです。

平手友梨奈がセンターで新たなグループが誕生か?

もう一つの可能性として、平手友梨奈がセンターで秋元康プロデュースの新たなグループの誕生です。

欅坂46のキャプテンである菅井由香はインタビューで

欅坂46キャプテン菅井由香のインタビュー
やっぱり”てち(平手友梨奈)”はカリスマ性がありますね。ライブでもお客さんの歓声で『求められているんだな』って感じて、カリスマ性はずば抜けているなって。モニターでパフォーマンスを見ていても目を引くので、パフォーマンスにおいても天性のものを感じます

もしかすると、秋元康が手掛ける新たなアイドルグループとして、平手友梨奈は登場する可能性もあります。

プロデューサーとして欅坂46を引っ張る?!

そして最後の可能性は、脱退した理由は欅坂46のプロデューサーになる為ではないかと考えます。

以前、欅坂46の小林由依はインタビューで語った内容が平手のことを次のように述べています。

欅坂46小林由依インタビュー
平手自身がアイデアをたくさん持っている。ガッツリ欅の話をして、(欅坂46について)平手の目指していることを共有できてよかった。

この発言から、今回の脱退劇はプロデューサーとして欅坂46を引っ張っていく為に平手友梨奈がアイドルを辞める事を選んだために起こった事ではないかとも考えられます。

まとめ:平手友梨奈は真実をいつか語ります。

現時点では、本人から脱退の真実が語られていないので、これからどの様な展開になるかは不明です。

僕らファンは悲しい思いをしています。でもなんとなく、卒業ではなく脱退っていうところが、てちらしいなとも思います。

そしてこの悲しみは必ず時間が解決してくれると我々は知っています。

脱退した平手友梨奈も卒業した織田奈那と鈴本美愉も残っている欅坂46のメンバーも大好きです。

アイドルファンなら、今回の脱退騒動で味わった悲しみを胸にしまって、平手友梨奈と欅坂46を応援し続けてはどうでしょうか?

平手友梨奈と欅坂46がまた、どこかで交わるその日まで。

 

でんぱ組.inc 夢眠ねむ卒業公演にて、最上もがから花が届く

でんぱ組.inc 夢眠ねむ卒業公演にて、最上もがから花が届いたのを見つけた時には泣きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です