袋田の滝紅葉ライトアップ2019の時期と時間帯はいつからいつまで?

茨城県の「袋田の滝」の紅葉は、毎年11月中旬ごろに紅葉の見頃を迎えます。

「袋田の滝」の夜と言ったらこれ!そうです、紅葉ライトアップです。

「袋田の滝」の紅葉は見事な紅葉ライトアップが行われます。

もしライトアップを見るのであれば、周辺にある袋田温泉などに宿を取ったほうがゆっくり見ることができるので良いです。

今回は、紅葉ライトアップの時期・時間帯について紹介します。

袋田の滝紅葉ライトアップ2019の時期と時間帯はいつからいつまで?

「袋田の滝」は高さ約120m、横幅約73mもの大きさを誇り、冬は滝が凍結して氷瀑が発生することがあります。

そんな「袋田の滝」は日本三名瀑の1つに名を連ね、紅葉の時期になりますと袋田の滝を囲うようにオオモミジやイロハカエデ、クヌギ、ナラ、ヤマウルシなどが赤やオレンジ色、黄色などに色づきます。

「袋田の滝」の紅葉ライトアップイベント(2019大子来人~ダイゴライト~)は、2019年11月1日~2020年1月31日まで開催されます。

(2019年11月は日没から20時まで、2019年12月〜2020年1月は日没から19時まで紅葉ライトアップが開催され、大晦日には深夜2時まで開催されます。)

入場料:大人300円・子供150円(袋田の滝トンネルの入場料金)

会場:袋田の滝の周辺の木々

 

2018年の紅葉ライトアップイベント(2019大子来人~ダイゴライト~)はこちらからどうぞ。

袋田の滝紅葉ライトアップ2019のおすすめスポット紹介

袋田の滝ライトアップ

袋田の滝紅葉ライトアップ2019のおすすめスポットは第2観瀑台です!

 

 

袋田の滝の第2観瀑台は2008年にできました。

第2観瀑台からの眺めは最高です。

第2観瀑台はエレベーターで登って行くほどの高所にあるので、巨大な袋田の滝を見下ろすようにすべてを一望することが出来ます。

それと同時に、滝の両側の紅葉もすべと一望出来るので、まさに関東の茨城県を代表する紅葉名所の絶景と言っても過言ではありません!

また、袋田の滝の歩行者トンネルは、午前8時半からの営業開始ですが、晴れの日には真正面に太陽が登って完璧なる逆光になるので、写真撮影にはとても最悪の条件になります。

しかし、歩行者トンネルは毎年とても大人気の観光地なので、時間が経過すると渋滞が悪化の一途を辿るので、太陽の位置と観光客の両者の頃合いを上手く判断する必要があります。

写真は逆光ではない昼前に撮影したいものですが、曇天の日の朝一番もおすすめです!

袋田の滝紅葉のライトアップを見にいくときの服装は?

河口湖紅葉服装

11月:平均最高気温→15.4℃・平均最低気温→2.4℃

12月:平均最高気温→10.6℃・平均最低気温→-3.1℃

1月:平均最高気温→8.1℃・平均最低気温→-5.5℃

上記より袋田の滝はとても寒いことがわかります。

紅葉ライトアップの時間帯の気温は、各月の平均最低気温に近い気温になりますので、11月に紅葉ライトアップに訪れる場合でも厚着をすることをおすすめします。

また、1月の平均最低気温は-5.5℃と尋常な寒さなのでベンチコートやジャンパーなどの寒さ対策のフル装備で観光に行かないと凍え死にますよ!

まとめ

日本三名瀑の1つに名を連ねる「袋田の滝」は夜の紅葉ライトアップが何と言っても神秘的でもあり幻想的でもあります。

しかし、「袋田の滝」は茨城県の山奥にあるため11月で平均最低気温が2.4℃ととても寒いので、日中の気温が高いからと言って夜の気温が高いわけではないのでベンチコートやジャンパーなどの寒さ対策が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です