童子切安綱の持ち主・所有者は?読み方や値段は?作者や切れ味を調査!

童子切安綱

天下五剣の一つである、童子切安綱。

日本国宝に指定されています。

天下五剣の中でも最も古いといわれる名刀です。

 

鬼滅の刃の日輪刀のモデルになったのではないか、という噂も囁かれています。

 

童子切安綱は平安時代につくられたといわれていますが、持ち主は一体誰だったのでしょうか?

また、現在に至るまでの所有者も気になりますね。

読み方や作者といった基本情報から、童子切安綱にまつわる伝説、切れ味や値段についても徹底的に調査しました!

 

童子切安綱の持ち主・所有者

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☆shiz☆(@ss_shioko)がシェアした投稿

童子切安綱の持ち主と現在の所有者についてみていきましょう。

童子切安綱をはじめに使ったのは、坂上田村麻呂ではないかと言われています。

坂上田村麻呂

その後一度伊勢神宮に奉納されたようですが、かなりの有名武将が使用していたのですね!

 

次に手にしたのは、源頼光

 

童子切安綱の名前の由来である童子を斬ったのは源頼光ではないかと言われています。

 

その後、足利家、豊臣秀吉、徳川家康(徳川家)、松平家へと継承され、現在は東京国立博物館に所蔵されています。

様々な所有者を経て、現在まで残っている貴重な太刀ですね!

〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9

所有者
坂上田村麻呂→伊勢神宮→源頼光→足利家→豊臣秀吉→徳川家康→(徳川家)

→松平家→東京国立博物館

 

童子切安綱の作者

童子切安綱の作者ですが、大原安綱であることがわかりました。

大原安綱は平安時代中期の、伯耆国(現在の鳥取県)で活動していた刀工です。

彼の作る太刀は、童子切安綱(日本国宝)以外にも4つも重要文化財に指定されています。

現在約20もの刀が残っており、素晴らしい刀工だったことがわかります!

どの刀もたくさんの武将が使ってきたのでしょうか。

ロマンがありますね。

大原安綱 著名作(一部)
童子切安綱
鬼切安綱
飛竜丸安綱

 

童子切安綱の読み方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@i__no_yがシェアした投稿

ここまで童子切安綱についてまとめてきましたが、童子切安綱はどのような読み方なのでしょうか?

童子切安綱(どうじぎりやすつな)と読むことがわかりました!

童子切安綱の国宝指定名称は「太刀 銘安綱(名物童子切安綱)」ですが、附として「糸巻太刀、梨子地葵紋散太刀箱」も指定されています。

こちらの読みは(たち めいやすつな めいぶつどうじぎりやすつな つけたり いとまきたち なしじあおいもんちらしたちばこ)です。

聞き馴染みがなく、難しいですね。

 

童子切安綱の伝説・逸話

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【龍成館 拳法道場】(@ryuseikan_no.1)がシェアした投稿

童子切安綱にはどのような伝説や逸話があるのか調査してみました。

まず、名前の由来となった伝説をご紹介します。

平安時代に悪事を働いていた酒呑童子という鬼を源頼光が童子切安綱で退治したと言われています。

酒呑童子を斬ったことから、「童子切」という名前がついたのですね!

それまではどうやら「血吸」という名前で呼ばれていたようです。

なんだか不気味な名前ですね。

この鬼斬りのエピソードから、鬼滅の刃の日輪刀のモデルになったのではという噂に繋がったのではないでしょうか。

 

源頼光のエピソードはこれだけではありません。

源頼光の前の持ち主であったといわれる、坂上田村麻呂。彼は童子切安綱を伊勢神宮に奉納しています。

源頼光は伊勢神宮に参拝した際に、天照大神から童子切安綱を授かったといわれています。

この刀を使って鬼を退治するように、ということだったのでしょうか。

 

また、松平家においても逸話が残されています。

生まれて間もない松平光長はかなり夜泣きがひどかったそうです。

しかし、枕元に童子切安綱を置くと夜泣きが全くなくなったとのこと。

やはり童子切安綱には不思議な力があるのでしょうか。

 

切れ味

切れ味に関する逸話も残されています。

童子切安綱はかなりの切れ味だといわれています。

 

江戸時代には刀の切れ味を調べるため、罪人の遺体で試し斬りが行われていたようです。

この童子切安綱の試し斬りの結果、6体の遺体を一度に斬り、さらにその下の台座まで斬ってしまったと言われています。

遺体だけでなく台座まで斬ってしまうのですから相当な切れ味ですね!

 

童子切安綱の値段・価格

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

斉藤 裕行(@surf_hiro)がシェアした投稿

最後に童子切安綱の値段についてまとめてみたいと思います。

日本国宝で数々の伝説がある童子切安綱。

東京国立博物館に所蔵されているため、現在の価格はわかりませんでした。

 

しかし、童子切安綱は昭和38年に現在の文化庁にあたる文化財保護委員会が買い上げ、東京国立博物館へ所蔵されています。

当時2600万円で買い上げたとのこと。

思ったよりも安く感じてしまいますね。

もし今から童子切安綱を売るとなると、かなりの値段がつくのではないでしょうか。

 

まとめ

童子切安綱

童子切安綱について徹底的に調査し、まとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

童子切安綱の持ち主は、坂上田村麻呂からはじまり、源頼光、足利家、豊臣秀吉、徳川家康、松平家と有名武将のもとを巡って、現在は東京国立博物館に所蔵されていました!

有名な刀工である大原安綱がつくったと言われる童子切安綱。

鬼斬りや夜泣き、恐ろしいほどの切れ味など様々なエピソードもありました。

様々なエピソードを見ればみるほど、実物を見てみたくなりますね!

東京国立博物館に所蔵されていますので一生に一度はこの目で見ておく価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。