熱田神宮初詣の駐車場と交通規制の状況は?おすすめのアクセス方法紹介!

熱田神宮

初詣に行くときにどのような方法がいいのか、いつも迷ってしまうことはありませんか?

特に参拝する人が多い有名神社の時は尚更です。

熱田神宮には無料の駐車場がたくさんあります。

初詣にもそこは停めることができるのでしょうか?

今回は熱田神宮初詣のときの駐車場や交通規制について紹介したいと思います。

熱田神宮初詣の駐車場はどこがおすすめ?

駐車場2

熱田神宮にはたくさんの無料駐車場がたくさんありますが初詣の時には利用できません。

さらに初詣には人が多いことから車で行くには近くまで行くと混雑に巻き込まれる可能性が大きいのです。

おすすめする駐車場は名鉄神宮前駅の東側です。

熱田神宮は駅の西側にあるため混む可能性が高く車の出し入れも渋滞しかねません。

反対側にあるというだけでぐんと停めやすくなりますし、何よりもこちら側は初詣の時期でも普段どおり30分100円だったり高くても300円となっているのです。

熱田区三本松町周辺には安くて場所も熱田神宮に近いのでおすすめです。

熱田神宮初詣は交通規制がある?その状況は?

熱田さん 交通規制

熱田神宮に初詣に車で行くと交通規制があるのをご存知ですか?

今年もその交通規制が既に愛知県警から発表されています。

12月31日午後11時から午前3時まで1月1・2・3日午前9時30分から午後3時30分までは車は東門側は伝馬町信号から神宮前駅の信号まで車は入れません。

更に西門は熱田神宮南から車の規制がかかるところがあります。

その配置図が愛知県警から発表されているのでどこが規制対象になっているのか確認しましょう。

熱田神宮交通規制

熱田神宮初詣には何で行く?電車や車おすすめのアクセス方法紹介

名鉄

熱田神宮の初詣に行く場合アクセス方法はどのような場合があるのでしょうか?

次はアクセス方法を紹介したいと思います。 

電車で行くには

名鉄電車

まず電車で行く方法ですが名鉄の場合、神宮前で降ります。

名鉄で行く場合

  • 神宮前で降車
  • 神宮前で降りると熱田神宮東門が目の前
  • 12月29日から1月3日は土日祝ダイヤで運行されます。

JRで行く場合

  • 熱田駅で降車
  • JRの場合は目の前ではなく名鉄の倍くらい歩く形となります。
  • 徒歩で13分約900m

残念なのは名鉄もJRも終日運転はないということですから帰りは違う方法で帰るかネットカフェなどで過ごす事になりますから気をつけましょう。

車で行くには

車は交通規制がかかるのと熱田神宮の駐車場が使えないため周辺の駐車場を利用することとなるので余りお勧めはできません。

どうしても車を使う場合は交通規制の場所の確認や駐車場の予約など確実に停められるようにしましょう。

  • おすすめする駐車場は名鉄神宮前駅の東側です。
  • 熱田区三本松町周辺には安くて場所も熱田神宮に近いのでおすすめです。

地下鉄で行くには

地下鉄

実は一番おすすめなのが地下鉄となります。

地下鉄から行くには神宮西駅もしくは伝馬町駅の2箇所で降りる事ができます。

どちらからもそんなに遠くないので大丈夫です。

そして何よりも30分間隔とはなりますが運行時間が12月31日から1月1日は終日運行となるため時間を気にしなくていいからです。

市バスの利用も考えられますが交通規制があり熱田神宮まではいけません。

更に夜中の運行はありませんので市バスより地下鉄の方が便利です。

おすすめのアクセス方法は

いくつかの方法がありますが地下鉄が1番いい方法だと思います。

30分1本となりますが終日動いていますしどこかに移動するのも便利だからです。

まとめ

熱田神宮 車

車は移動するのに便利な乗り物だと思いますが時と場所によってはちょっと不便になる事もあります。

特に年末年始はどこの神社周りでも交通規制があったり駐車料金が高くなったりといろいろ不便な事もあります。

熱田神宮は特に普段使える無料駐車場が使用不可となることと交通規制がかかり渋滞が起こる可能性が高く駐車料金もお正月料金となる可能性も高いです。

ただし穴場の駐車場もあるため一概に車の使用は避けましょうということではありません。

熱田神宮の目の前にあることから行くときは名鉄を利用し帰りは地下鉄を利用するという方法が1番いいかと私は思います。

つまり公共機関を利用するのが1番のおすすめだということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です