熱田神宮の初詣の混雑を避ける方法は?参拝期間と時間帯から予測!

熱田神宮

熱田神宮は伊勢神宮の次に格式が高いところです。

本宮にいわゆる三種の神器草薙神剣が祀られています。

そしてこの三種の神器草薙神剣を御霊代とした天照大神がこの本宮の熱田大神となります。

更にここには素盞嗚尊や日本武尊などが「五神さま」と呼ばれ一緒に祀られています。
 

熱田神宮は私の住んでいる地方ではとても有名な神社です。

毎年この熱田神宮にはたくさんの人が参拝に訪れます。

熱田神宮は鳥居から賽銭箱まですこし距離がありますし賽銭箱のすぐ横がお守りなどの授与所があるので人がごった返しています。

周辺や境内にはかなりの警察官が交通整理で出ています。

ですから私が行った時間も31日の除夜の鐘の音を聞きながら歩いていき0時半頃到着しましたが参拝するまでに足を踏まれたり身体を押されたりと大混雑していましたが翌日の8時ごろ近くを通ったときはかなり人が少なかったのを覚えています。

やはりどこの神社も同じだと思いますが除夜の鐘を聞きながら参拝したいということからだと思います。

この記事では熱田神宮の初詣に行くときの混雑を避ける方法についてご紹介しています。

熱田神宮への初詣の参拝期間や時間を紹介!

初詣

混雑している熱田神宮ですが初詣期間というのはあるのでしょうか?

熱田神宮の初詣の参拝期間はいつまでにゆけばいい

元々熱田神宮は24時間参拝可能な神社なのですが初詣で混雑するのは12月31日から1月4日までです。

とはいえやはりピークは12月31日から1月1日の夜中です。

混雑をさけたいなら参拝期間は1月7日までなので元旦の夜もしくは2日か3日の朝7時ごろから9時ごろもしくは1月5日以降が狙い目です。

熱田神宮の初詣の参拝時間は期間によって違うの?

ところで初詣の時間は期間によって違うのでしょうか?

熱田神宮は年末年始を含め期間は関係なく24時間参拝でき祈祷所も24時間あいています。

お守りなども授与する場合は普段は日没までとなっていますが12月31日から1月5日までは11時まで授与していただけるので心配ありません。

確かに私が子供の頃から見ている熱田神宮は門らしきものを見たことがなく

24時間入れるのだろうかと疑問に思ったことがあります。

やはり熱田神宮は1年通して24時間あいていたのです。

 

熱田神宮の初詣混雑を避けるには

初詣

熱田神宮の初詣の例年の混雑状況は

熱田神宮の初詣の混雑状況は毎年三が日だけでも約230万人あります。

全国の初詣参拝者数でも7位もしくは8位となっているのです。

熱田神宮の初詣の混雑を避ける方法

熱田神宮の初詣の混雑を避けるにはまず時間帯。

どうしても除夜の鐘の音を聞き12月31日にうちに行き1月1日になる頃には参拝したいという人が多いのでその時間帯はかなりの参拝客がいます。

混雑する時間帯は1日の夜中3時までがピークとなっていますのでこの混雑を避けるためには時間帯を考えれば混雑を避けることができるわけです。

ピーク時になると拝殿場所まで行くのに1時間以上はかかります。

熱田神宮の初詣の混雑しない期間はいつ

熱田神宮の参拝期間は1月7日までです。

1月1日から5日の夜中のえびす祭りまでは混雑は避けることはできません。

しかし5日の夜中の時間帯からお正月モードも抜けて仕事もはじまる所が多いはずです。

ですから本当の混雑を避けたいと思うなら5日の朝から7日は混雑はないということになります。

熱田神宮の初詣の混雑しない時間帯

1月1日は夜中の3時を越えるとかなり参拝客も減り午前7時ごろまでは待つことなく賽銭箱にたどり着けます。

1月2・3日は午前10時ごろから午後3時を避ければ混雑しない時間帯となります。

4日は初えびすがありますので午前0時から1・2時間がピークとなりすぐに混雑はなくなります。

熱田神宮の初詣の混雑を避ける方法

熱田神宮は入り口がたくさんあり境内も広くお参りする本殿前の賽銭箱も普段より大きくスペースも取っているため混雑はありますが足が止まる事はなくゆっくりと拝殿まで進んでいきます。

31日は一晩中起きている人が多いせいなのか?

朝早く起きている人は少ないせいなのか?

1日の朝早い時間帯はすいていたのを覚えています

4日は混雑しないと思いがちですが意外にも混雑は22時30分を過ぎる頃から始まります。

理由は5日の例祭である初えびすであるためです。

福熊手や福箕、1番札のお札授与を狙うために参拝者が増えるからです。

まとめ

どこの神社仏閣も12月31日から1月1日の午前3時くらいまでは大混雑で避けることは出来ません。

それも含めて楽しみたい、お正月の雰囲気を楽しみたいという人はこの時間帯もいいでしょう。

でも小さい子供がいたり混雑するのはちょっと避けたいという人は

三が日を避けて参拝するもしくは混雑する時間帯を避けて参拝するのがいいと思います。

幸いな事に熱田神宮は24時間ずっとあけてくれていますので5日以降でも充分です。

どうしてもと参拝したいという人は日にちや時間を考慮して参拝しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です