安佐動物公園ナイトサファリ2020情報まとめ!時間や料金、混雑状況をお届け

レッサーパンダ

広島市安佐動物公園の夏の恒例行事として定着している「納涼ナイト☆サファリ」。

昼間よりも快適なのはもちろん、一味違う楽しみ方ができると毎年好評です。

そこで気になるのがナイト☆サファリの開催時間と入園料です。

ナイト☆サファリに参加したい場合は別途料金が必要なのではないかと気になる方も多いでしょう。

また安佐動物公園は中心部から離れた所にあるためアクセスが難しいと思われるかもしれません。

ナイト☆サファリに参加してみたい方に、イベントの詳細と混雑状況をご紹介しましょう。

 

安佐動物公園納涼ナイト☆サファリとは

納涼ナイト☆サファリの開催期間

安佐動物公園では例年8月の週末に開園時間を延長して「納涼ナイト☆サファリ」を実施しています。

2019年は8月10日から9月1日の土曜日、日曜日の計8日間でした。

通常の開園時間は9時から16時30分(入園は16時まで)ですが、開催日は21時まで(入園は20時30分まで)に延長されます。

主なイベントはアフリカゾウの公開調教、広島交響楽団による夕暮れコンサート、動物を題材にした絵本の読み語りが行われ、最も早いもので18時からスタートします。

また、展望広場でのイルミネーションは19時30分に点灯しますが、点灯式には毎日抽選で選ばれた入園者が参加することになっています。

なお8月下旬からはイルミネーション点灯時刻は19時に変更されます。

 

納涼ナイト☆サファリの入園料

納涼ナイト☆サファリ自体には料金設定がなく、通常の入園料のみで参加できます。

安佐動物園入園料

  • 大人(18歳以上65歳未満)が510円
  • 65歳以上の大人、高校生及び18歳未満の方は170円

65歳以上の方は年齢確認が必要となるため窓口で公的証明書を提示してください。

また身体障害者手帳、療育手帳、原爆障害者章などをお持ちの方は当日窓口に提示すると入園料が免除されます。

なお原爆障害者章はバッジになっており、被爆者健康手帳(原爆手帳)とは異なりますので注意してください。

 

納涼ナイト☆サファリ開催日の駐車場の混雑状況

中心部から離れた立地のため、特に小さいお子さん連れの方はできれば車で出かけたいところでしょう。

安佐動物公園は1200台収容の駐車場を完備しており、納涼ナイト☆サファリ開催日は臨時駐車場も用意されます。

但し毎年かなりの混雑が発生するだけでなく、動物園への道も当然渋滞して入園時間に間に合わなかったという声もあるほどです。

納涼ナイト☆サファリは特別料金のないイベントなので、どうしても車で出かけたい方は通常の開園時間内に到着するよう計画を立てましょう。

安佐動物園駐車料金

  • 軽・普通・準中型(小)乗用車で450円

とにかく早めの行動を心がけてください。

 

納涼ナイト☆サファリ開催日は動物園行きのバスが増便

安佐動物公園では納涼ナイト☆サファリ開催日は公共交通機関の利用を呼びかけています。

広島市中心部からアクセスするには路線バスか新交通システム「アストラムライン」と最寄駅からのフィーダーバスの乗り継ぎがおすすめです。

路線バス

路線バスは広島駅南口Bホーム発の広電バスの路線番号70-3「あさひが丘」行きを利用し、安佐動物公園前バス停で降りて目の前です。

所要時間は通常でも50分かかりますが、八丁堀、紙屋町、横川駅、上安駅を経由するのでとても便利です。

バスは広島バスセンターには入りませんが紙屋町を経由します。

紙屋町から乗車する際はエディオン広島本店西館前のバス停を利用してください。

アストラムライン

アストラムラインは上安(かみやす)駅からフォーブル(旧第一タクシー)あさひが丘または飯室(いむろ)行きのバスが接続しています。

また、納涼ナイト☆サファリ開催日は両社とも臨時便を増便します。

実施日が近づくと動物園の公式サイトに時刻表のPDFが掲載されます。

なお、広電バスに関しては通常便は広島駅発着ですが臨時便はすべて上安駅発着となっています。

広島方面行きのバスも19時30分以降運行されますが、広電バスの広島駅行きは上安駅を通らないため、アストラムラインに乗り換えたい方は「安県営住宅前」バス停が最寄りとなります。

 

安佐動物公園納涼ナイト☆サファリ見どころ

納涼ナイト☆サファリの一番の見どころは何と言っても動物たちの昼間とは異なる生態です。

夜行性の動物のみならず昼行性の動物も涼しくなって元気に活動するようです。

近年の猛暑は私たち人間にも動物にも辛いですが、夜間なら熱中症の心配がありません。

飼育エリアももちろん照明があり、暗がりから突然動物が現れるような雰囲気作りなどの工夫が凝らされているのはナイト☆サファリならではです。

もちろん野外ステージで行われる催しも見逃せません。

絵本の読み語りは飼育係の方が行うので登場する動物たちの解説もあり楽しく学ぶことができます。

なおイルミネーションは展望広場で行われており、園路にある切り絵のライトアップ共々人気の撮影スポットとなっています。

 

安佐動物公園納涼ナイト☆サファリの口コミ情報

安佐動物公園の納涼ナイト☆サファリは10年以上に渡って開催されており、周辺住民を中心に好評を集めています。

口コミでよく挙げられているのは通常はなかなかお目にかかれない夜行性動物が活動しているのが観られること、そして夜間の園内の涼しさです。

広島市の北部に位置する安佐動物公園は中心部に比べて標高が高く、そのため夜間の気温は20度前後まで下がってしのぎやすいのです。

また園路のライトアップには職員の方の手作りというプロ野球の広島東洋カープとコラボしたシンボルマークや動物たちの切り絵があり、ほっこりとさせてくれます。

活発に動く動物たちを観て楽しめるだけでなく遊具も設置されていることからあっという間に閉園時間になったという声も少なくありません。

 

まとめ

広島市民の定番のお出かけスポットである安佐動物公園ですが、夏休み期間中に訪れるなら納涼ナイト☆サファリはぜひチェックしたいイベントです。

通常の入園料のみで入場できるので混雑を避けるなら午後からそのまま滞在することもできます。

広い園内ではレッサーパンダ、オオサンショウウオなど当園のシンボルのほか、ゾウ、キリン、ライオン、フラミンゴなどの動物も観ることができます。

広島市中心部からは離れているものの直行便があるためアクセスも抜群です。

この夏広島への旅行を計画されている方はぜひ安佐動物公園にも足を延ばしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です